心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「私のつぶやき」 

投稿日時:2017年9月5日 09:42 火曜日

毎日「今日の私」と、「未来の私」が、こころでシーソーしている。
今、夜の10時10分。パソコンに向かってはいるが、課題の文章がまだ書けていない。 明日にしょうか? それとも、エネルギー絞って書き上げようか?
自分の中にいる2人の自分が、自分に語りかけている。
1人は今を生きる私。
「昨日も遅かったじゃ無い? 今日も一日仕事をしてもう、眼はしぶしぶ、頭は空っぽ。明日にしてもう休もうよ。」
もう1人は未来の自分。
「先月、予定したことは早めにやるって決めたじゃない。時間をかけて、自分が思っていることや、自分が持っていることを活かして書くって決めたよね、」・・・と。

多くのものごとは、未来を取れば現在は我慢。現在を取れば未来が不安。たいてい勝つのは「いまの自分」。そんな気がする。
・例えば仕事。
大事な会議の資料。今日頑張ってよいものを作ろう。(未来)
まだ会議の資料はできていないけど、眠いから明日にしよう。(現在)
・例えばダイエット。
痩せたい。健康でいたい。(未来)
美味しそうなシュークリームが目の前にある。食べたい。食べよう。(現在)

上の例のように、いまの希望を「自分を満たす」「ご褒美」と、便利な言葉で便利に使って自分に都合よく過ごしていたら、必ずどこかでいき詰まってくる。
逆に、未来に目を向けて選択を続けていたら意欲もわいてきて、きっと段々と余裕もうまれ楽にすごせるよね。
 大切なことは、「私はどうしたいのか?」「どう在りたいのか?」を、自分のこころに素直に問いかけ、しっかり向き合っていくこと。
普段は緩んでいてもいい。だけど、ここぞと言うときは正しくエネルギーを注げるように、力を入れず手を抜かず、前を向いて進んでいくことだね。
さあ、明日も私らしく、前を向いて進んでいこう。

内視鏡室 小川 シズ子

前の記事へ 次の記事へ