心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「「癒し系」」 透析室主任  齋藤 純子

投稿日時:2009年11月11日 09:27 水曜日

前回、猫と犬を飼っていることを書きましたが、さらにペットが増え現在は亀も飼っています。家族は大の動物好きで、息子もそれが高じてなのか飼育員になりたいと言っています。
今回は、その亀について書きたいと思います。
我が家にやってきたのは、夏頃でしょうか。主人が知り合いから突然もらったといって大きな水槽と共にやってきました。息子が名前を付けようと言ってつけたのが、なぜか、「ムー」です。あまり意味はなさそうなんですが・・・。我が家にやってきたのはいいのですが、亀なんて飼ったことも無く、どうせ最初だけ物珍しくあとはほったらかしになるのではないかと思っていました。
でも、なにやら飼育に必要なものを買い込んできていて、水が汚れると水槽の掃除をしているし、餌も無くなりそうになるといつの間にか誰といわず買ってきているし、家族みんなでかわいがっています。最初は慣れなかったのか、餌もあまり食べなかったのですが、今は私の顔をみると必ず首を持ち上げて、餌を催促し、手から食べるようになりました。そうなると「亀も意外にかわいいなあ」なんて思うようになり、自分をみる顔もとても愛嬌のある表情にさえ思えるようになりました。餌をあげるときに、水槽のガラス越に名前を呼びながら、軽くたたくと寄ってきて、丸い小さな鼻を押し付け、私の指めがけて大きな口を開け、かぶり付きます。その行動と表情を見ると、とても癒されます。亀はときどき日光浴をさせるほうがいいということを知り、水槽から出して甲羅干しをするのですが、その格好がとてもユニークで4本の足と頭をだらりとだして、いかにも気持ちいいといわんばかりにリラックスしているのです。そんな時ちょっと意地悪ですが、甲羅をポンと刺激すると、驚いたようにものすごい勢いで歩き出すのです。亀はノロマだといいますが、想像より早かったのにはびっくりです。そして時々「シュー」と言って怒るのです。威嚇しているのでしょうか。
亀が声?音?を出すなんて・・・。飼ってみないと分からないことがいっぱいです。
ということで、亀を飼い始めた我が家ですが、私は毎日、動物たちに癒されてがんばっています。

投稿者:透析室主任  齋藤 純子

「NO TITLE」 産婦人科病棟主任  澤田 和美

投稿日時:2009年10月28日 09:26 水曜日

皆様のお家では、もうストーブをつけていますか? 札幌でも初霜があったそうですね。紅葉が美しい季節になりました。
ちょっと前まではガソリンを使って紅葉を見るために道内のあちこちをドライブしていましたが、近頃は身近な季節の移り変わりを楽しむことで満足しています。 札幌徳洲会病院はサイクリングロードの近くにあり、春の木々の芽吹き、桜並木も素敵ですが、私はこの季節の青空と紅葉の並木も大好きです。
私は時々しか通りませんが、サイクリングロードはサイクリングだけでなく、通勤通学、犬の散歩、ウォーキングなど朝早くから、日が落ちた後までとてもたくさんの人が利用しています。小雨の降る中でも走っている人がちらほらいます。きっと毎日走っているんでしょうね。すごいです。日没が早くなったので真っ暗な中走っている方々もたくさんいます。ちょっと治安が悪そうなので事故にあわないかしらと心配です。ジョギング中倒れて徳洲会病院に搬送される方もいます。皆さん気をつけて下さいね。
私もおなかの脂を燃やすためちょっと走ってみようかな、と時々は思うのですが、かなり気合をいれないと出発できません。でも、一駅分歩いてみることは、エコだったり、健康に良かったり、自然に触れリフレッシュできたり、いいなと思いますし、こういう道をつくることになら納得して税金を払えるのに、と心底思います。
ストーブ焚いて湯上りビールも大好きですが、もう少しの間CO2削減へのわずかな努力として、寒いなぁと思ったら体を動かすようにしていきたいものです。走って汗をかいてお風呂に入っての一杯はもっとおいしそうです。
雪はもうしばらく降らないでほしいですね。

投稿者:産婦人科病棟主任  澤田 和美

「NO TITLE」 亜急性期病棟師長代行  加藤 あゆみ

投稿日時:2009年10月21日 09:21 水曜日

 早いものでもう2回目の順番がきましたね。どんな話でも良いとは思いますので、最近ちょっと考えている話をしたいと思います。私はひそかに考えている夢というか、あまり現実になりそうにない話なんですが。少子高齢化社会でいかに上手く高齢者と子供が生活を共にするか。などと難しい問題を考えてみています。私の理想は保育園や学童保育のようなことを高齢者と共に生活し、共同施設のような所でお互いの利点を補いあえれば、最高なのにと思っています。シルバー人材センターなどで働くことが出来る会社を退職した高齢者はたくさんいらっしゃるはずです。そして子供が居て働きに行くことが出来ないで困ってらっしゃる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。認可を受けないと施設などはそう簡単に開くことはできません。でもちょっとしたスペースがあってまあいうなれば、自宅で子供を預かりますというような、そんなアットホームな感じのことってなかなか出来なくなってしまっている気がします。そういうことが気軽に出来るようになったらいいなあなんて考えています。昔は兄弟が多かったから、自然に上の子が下の子の面倒をみたりして、そんなことは全然困らなかったことなのではないでしょうか。
話は全く変わって、今の札幌徳洲会病院を元気にするために出来ることはないかと考えたときにやっぱり基本に戻り、接遇をしっかり振り返り実践することなのではないでしょうか。
私は患者さんの笑顔が大好きです。病棟をまわった時にナースステーションの中に高齢の方がいらっしゃると声を掛けずにはいられず、にこっと笑いかけると、とてもすてきな笑顔を返して下さる方がいらっしゃいます。するととても癒された気持ちになります。病棟では忙しく大変だとは思いますが原点に戻り楽しく笑顔を忘れずに頑張っていきたものですね。

投稿者:亜急性期病棟師長代行  加藤 あゆみ

「NO TITLE」 訪問看護室副主任  藤原 めぐみ

投稿日時:2009年10月14日 09:20 水曜日

今、新型インフルエンザが流行しています。札幌市内の幼稚園や小学校は学級閉鎖や学年閉鎖になっているところが多数あります。我が家でも、幼稚園と小学校に通う息子が、次々とインフルエンザにかかりました。
インフルエンザと診断されて、いつも、お世話になっている、保育園・幼稚園・学校・学童クラブ・習い事の先生、そして自分の職場に連絡をとり、今後の動向について相談しました。その時、皆さんは最後に必ず、「お大事にしてください」と言葉をかけてくださいました。普段、自分が言っている言葉ですが、こんなに、温かい言葉だったのかと改めて思いました。これからは、今まで以上に心を込めて言うべき言葉だと感じています。
タミフルを飲んで2日ほどで熱が下がっても、全部で5~6日間の自宅療養が必要な事と、私も感染している可能性があるため、休みをとることになり、同部署の皆さんには大変、迷惑をかけました。ありがとうございました。
手洗いやうがいは毎日行い、気をつけていても、なる時はなるものですね。しいて言えば、料理のあまり得意ではない私は、給食をしっかり食べていれば大丈夫、などと安易に考え、夕食がかなりの手抜きなので、そのせいかもしれないと、少し、反省しています。元気な家族あっての、仕事ができる自分がいるので、今後はもう少し考えて準備しようと思います。手洗いやうがいをし、栄養と休養をたっぷりとり、ウイルスに負けない身体作りをしましょう。

投稿者:訪問看護室副主任  藤原 めぐみ

「NO TITLE」 透析室副主任  原 美希

投稿日時:2009年10月7日 09:19 水曜日

皆さん はじめまして。
さて突然ですが、みなさんは何か趣味をお持ちでしょうか?読書?音楽鑑賞?私にはこれといった趣味がなく、過去にさかのぼってみても、これというものが見当たりません・・・仕事が趣味?それでは淋しいですよね。唯一趣味らしいものは、小旅行でしょうか?趣味というよりは、願望に近いかも。どんな仕事でも生活の中にも、やはりストレスはつきものです。強気な性格上、ストレスとは無縁のように思われがちですが、意外と思い悩み眠れない日が続いたりします。

そんな時は、小旅行に出かけます。だいぶ前になりますが、飛行機に乗り、ドリカムのコンサートに行ってきました。毎回行ってる!!という方も多いのではないでしょうか。乗り物酔いが激しく、公園のブランコや映画館の空間にさえも酔ってしまう私・・朝一番の飛行機に乗り、電車を乗り継ぎ、コンサート会場に到着した時にはすっかりクタクタでした。でも、コンサートがはじまったとたんに、その疲れは吹っ飛び、幸せな時間を過ごす事ができました。本当に来てよかった!!この一言に尽きます。聞きなれた曲に感激し、懐かしい曲に涙を流し・・。あっという間に時間が流れます。このまま時間が止まって欲しいと心から思った瞬間でした。コンサートで酔いしれ、雰囲気の良い居酒屋で食事をして、果物狩りでお腹いっぱいイチゴ(←あきひめという北海道ではあまり見かけない種類でした)を食べまくり、満開の桜を満喫し、歴史のある神社にお参りし・・・。スケジュールは少々きつかったけれど、心から楽しい時間を過ごすことができました。日常生活でなかなか素の自分に戻れる時間は、少なかったりするのですが、心から素の自分に戻れた瞬間でした。

この小旅行に出発したのは、3月末。旅行から帰り、またいつもの毎日が始ります。10月になる今でも、1日の始まりは、通勤の車中で聴くドリカムの大阪LOVRです。なぜか朝なのに、ちょっぴり切ない曲なのですが・・。今、ストレスを抱え込み、悩んでいませんか?そんなとき、立ち向かっていくことももちろん必要ですが、時にはその場を離れてみるのもいいかもしれません。新しい自分を発見できるかもしれません。そんな心の余裕をいつでも持っていたいと思います。

しかし、この小旅行も連休をとらせてくれた、同僚達のおかげ!!だということを忘れてはいません。私が毎日忙しくて「もう辞めたい!!」と思いながらも、朝通勤してこられるのは、透析室看護師みんなの助けや笑顔があるからです。

本当にありがとう、こんな私ですがこれからもよろしくお願いします。

投稿者:透析室副主任  原 美希

前の記事へ 次の記事へ