心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「子育て」 

投稿日時:2014年9月2日 08:04 火曜日

私には2人の子供がいます。
昨年春、長男がめでたく社会人になり自立することができました。
彼は小さい時から飛行機が大好きで中学生の時はJAL・ANAの人事課に手紙を書き、
パイロットになる方法を尋ねた事もあります。そんなこんなで、航空学校を卒業し、飛行機と同じ位の大きさの船に興味を抱き、護衛艦を作る造船会社に就職することが出来ました。旅たちの日は、私が仕事だった為、夫が横浜に一緒に行きました。

仕事から帰ってきた時、きっと彼のことだから置き手紙があるのではと勝手に期待をしていたのですが、手紙はありませんでした。落ち込んだ自分を、自ら励まして、彼の部屋を掃除して押入れを開けた瞬間、手紙を見つけました。
そうです!!彼は、知っていたのです。私が、帰ってきたら必ず押入れを開けて、布団の整理をすることを。
「お母さんへ」という題名で、郵便局の袋に入った飾り気のない手紙でしたが、私には、素晴らしいプレゼントでした。手紙の内容は、今まで育てくれた感謝の言葉が書かれていました。
嬉しさと寂しさで大泣きをしてから早1年が過ぎました。

先日、彼と東京で会いましたが、都会的な雰囲気になり、自信のある表情で、立派な社会人に成長していました。
そんな姿を見て、私は『親は、一緒にいる決められた時間の中で、子供に愛情をかけ、しつけをして、社会に出し、その子供はきちんと成長をし、社会に貢献することが出来ます。一度社会に出したら、親だからと言って、彼の役割を邪魔しちゃいけません。今後は、影の応援者になって彼を支えていくのが今の私の役割なのだ』と思いました。
昨年、寂しくて大泣きしていた時に、子育ては盲導犬の「パピーウォーカー」に似ていると思いました。今回、彼に会ってやっぱりそうなのかも知れないという思いが更に強くなりました。

今後もこの気持ちを忘れず、彼の未来にエールを送り続けたいと思っています。社会に貢献できる人間に成長する事を期待するのと同時に、一番の理解者でありたいと思います。
子育ては本当にあっという間に終わりがきます。その子育ての間で、自分自身が成長出来、子供を通して嬉しい楽しい時間があることを理解し、下の子供もまだ高校生なので、残り少ない子育ての時間を精一杯頑張って親の役割をして行きたいと思います。


投稿者:6階西病棟師長 大島 由加子

「リレーエッセー」 

投稿日時:2014年8月26日 11:05 火曜日

はじめまして、福嶋です。今回は私の好きなものについて書きたいと思います。
それは北海道日本ハムファイターズです。と言っても2004年の移転や新庄劇場、2006年の日本一の頃は知りません。きっかけは2009年の阪神との交流戦に阪神ファンの友人に誘われドーム観戦に行ったことです。初めてのドーム観戦が楽しくて、それ以来ドーム観戦を重ねついにレプリカユニフォームまで購入し、優勝が決まった試合も観戦。2009年は優勝パレードの他に各地でトークショーがありアリオでダルビッシュ、糸数の抽選でサイン帽があたりテンション↑しかも、握手までしました。(友人が、、、)そのテンションと勢いで2月急遽沖縄キャンプに参戦!!ここで一気にファイターズ愛が爆発しました。いきなり久と勝がサインをしているところに遭遇!サインなんてもらえないと思っていたので色紙やマジック持参していなかったのですが現地の子供達が売り場まで案内してくれ無事購入サインゲット。ダルビッシュが守備練習についている貴重な場面を近くで見学、練習終わりの稲葉さんや栄ちゃんと写真撮影と普段球場では遠い選手達との交流や普段見られない練習風景や選手の姿にキャンプ最高!!応援の熱が上昇しました。まだ、日ハムの球場観戦していない方は是非1回はドームにいってみてください。もしかしたら、はまるかもしれませんよ。


投稿者:福嶋 真由美

「プレッシャー」 

投稿日時:2014年8月19日 08:04 火曜日

我が家の息子たちは、サッカーを習っています。
次男が所属しているチームに、新しいコーチが加わることになりました。
コーチの挨拶を聞いて、帰ってきた次男は
「絶対、厳しいと思う!」 と。
なぜ、そのように思ったのか聞くと
「だって!サッカーで勝つ楽しさ、サッカーが上手くなる楽しさを教えたいって言うんだよ!
サッカーをする楽しさって言わなかったんだよ!
サッカーするだけで楽しいのに…。 だから、厳しいと思う。」と断言していました。
なるほど…。
結構、細かいところまで、聞いているのね、と思いながら(苦笑い)。 

今年は、4年生と6年生が、全道大会進出することができました。
息子は5年生で、次は5年生に期待がかかるのは当然のこと…。
5年生、皆、プレッシャーを感じていることと思います。
その、大切な試合が、8月下旬に行われます。
是非、全道進出を決めてもらいたいと思います。
応援にも、熱が入ります。
もちろん、紫外線対策も忘れずに…


投稿者:4階西病棟主任 藤原 めぐみ

「京都旅行」 

投稿日時:2014年8月12日 16:17 火曜日

先日、家族で京都旅行に行ってきました。
京都というと、高校の修学旅行で訪れたことを思い出しますが、団体での旅行なので、ばたばたとあわただしく、通り過ぎた気がします。
今回は自分達の見たい所だけを選んでのんびりと観光してきました。
以前にも見た場所なのに、何故か違う所のような気がしたのは、嵐山の渡月橋です。
渡月橋の由来については、ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、ちょっとだけ、ご紹介いたします。

渡月橋が架かる川は「おおい川」と呼び、ここより上流が「保津川」、下流が「桂川」と呼ばれています。渡月橋と呼ばれるようになったのは、鎌倉時代に亀山天皇(1259?1274)が、満月の晩に舟遊びをされ、月が橋の上を渡るように見えることから「くまなき月の渡るに似る」と詠まれたことからに由来します。

月が橋の上を渡る様子を想像してみてください。
なんとも素敵な風情ある光景が浮かんできませんか?

ほんのひととき、癒される時間を過ごしてきました。


投稿者:外来師長 岡部 睦美

「気温差」 

投稿日時:2014年7月30日 14:08 水曜日

毎日暑い日が続いていますね。札幌でもこの数日30℃超える真夏日!
札幌で十分暑いのに、先週酷暑の大阪に行ってきました。
7/26土曜日の気温は35.7℃!夜でも30℃あって、大阪の人は良く我慢できると感心です。湿度が半端なく地下鉄駅のコンクリートの壁に結露がびっしり、デパートなどの建物から出た時の熱気は暴力だ!と思いました。
翌日曜日は32.2℃で、久々に会った福岡の友人に「今日は暑くないでしょ?」と言われ、思わずそんなことない!暑い!と言ってしまいました。

帰ってきた札幌は小雨で18℃・・・涼しい通り超えて寒く感じてしまい苦笑い。
飛行機で2時間位の移動でも、気温差18℃の体験できるなんて日本は広いなあと思った小旅行でした。

まだまだ暑い日が続きそうです。皆様夏バテに注意して、ご自愛くださいませ。


投稿者:血液浄化センター副主任 藩守 由香里

前の記事へ 次の記事へ