心にとどく看護を札幌徳洲会病院 看護部

お問い合わせはお気軽に 看護部直通電話 011-890-1630

看護部リレーエッセー

トップページ > 看護部リレーエッセー

「男はつらいよ」 ICU 中本 純一

投稿日時:2013年1月22日 08:04 火曜日

こんにちは、ICUで勤務している中本純一です。
 年齢は40歳台ですが、看護師としての勤務はまだ2年目です。
現在、ICUでは男性看護師が自分を含めて3人います。ICU勤務3年目の先輩が2人いるため、普段困ったことがあっても、すぐに相談することができます。ですから、「男性看護師がいなくてつらいなあ」と感じることが無く勤務していました。
しかし、「男性がいなくてつらい」と思うことが2つありました。それは昨年の10月から11月にかけて2ヵ月間、千葉県の病院へ応援に行った時のことです。
ひとつは、応援に行った病棟は男性看護師が一人もいなかったことです。全国的に人数が増えてきたとはいえ、「男性看護師のいないところもまだあるなあ」と感じました。そのため、男性看護師と仕事をしたことがない女性看護師が結構いました。一緒に仕事をしている中で、「男性はこんな時にいいんだね」と言われることが何度もありました。それは、患者様の体位変換・移乗などの力のいる仕事や不穏時、機械類の操作(得意ではありませんが)の時です。「手伝って」と呼ばれることが毎日多くありました。
 もうひとつは、普段はICUのため患者様が看護師の名前を呼ぶことはほとんどありませんが、患者様から『中本さん、お願いします』と名前を呼ばれることが何度もあったことです。最初に名前を呼ばれた時はびっくりしました。「何故名前を呼ばれるか」と考えました。女性看護師は人数が多いため覚えづらいとわかりました。したがって、普段は地味な自分ですが、「男性看護師だから良きにつけ悪しきにつけ目立つから覚えてくれるんだなあ」と感じました。
応援を終えて札幌に戻り再びICUに勤務していますが、応援時に実感した男性看護師の良い点と男性看護師は目立つということを頭に入れて仕事に励んでいます。
良いところを伸ばして悪いところを直してがんばります!!

投稿者:ICU 中本 純一

「男はつらいよ」 7階東病棟 塚本 裕幸

投稿日時:2013年1月15日 08:05 火曜日

こんにちは。外傷センター看護師4年目の塚本です。
今回は当科の男性看護師についていくつか紹介したいと思います。当科の男性看護師は10名と一般病棟としては比較的多く、私自身としては働きやすい環境にあると感じています。業務では女性の患者さんのケアや処置で断られる場合が多いですが、その場合は女性看護師が快く引き受けてくれますので大変助かっています。また男性看護師仲間は穏やかでやさしい性格の人が多く、業務のことはもちろんのことプライベートのことも気軽に相談でき、時には飲みに行ったりもして楽しく過ごすことができています。

皆さんもこのような環境で一緒に働いてみませんか?

投稿者:7階東病棟 塚本 裕幸

「男はつらいよ」 5階西病棟 花田 導雄

投稿日時:2013年1月8日 08:08 火曜日

こんにちは、私は五階西病棟で看護師をしています花田導雄と申します。看護師としては九年目で当院では四年目です。さて、今回のテーマは「男はつらいよ」ということで書かせていただきたいと思います。
近年肉食系女子・草食系男子など女性の力が男性を凌いでいる傾向が見受けられます。五階西病棟においても同様です。患者さんから見れば白衣の天使。私たち男から見れば…。
まぁそんなパワフルな女性が多い環境だから勿論色々あるわけで。例えばそれまで三交代だった私にとって二交代の夜勤の長い事。でも一緒に働いているのは女性、つらいなんて言えませんよね。当院で働き出した一年目に腰を痛めて約二週間の休み。情けなかったです。それ以外はスタッフが良いためあまりつらいとは思っていない自分がいます。
 男としての役割は自分でも良く分かりませんが体力面であったり、視点の違いであったり、女性に無いものがいくつか男の自分にはあるはず!そう信じてこれからも頑張っていこうと思っています。
 旧病院の頃から私は大勢の女性看護師の中でたった一人の男でした。そのため客観的な視点で見れば良くも悪くも目立つ存在だったのではないかと思います。
 患者さんから「男の看護師に?言われた」と言われたら勿論私しか居ないわけですから見えないプレッシャーみたいなものはあったのかもしれません。
 さて、そんな私にも昨年度喜ばしい出来事がありました。なんと男性看護師が入職してきたのです。しかも二名。これからは数少ない男性看護師で切磋琢磨しながら頑張って行きたいと思います。そしていつの日か男三人の夜勤なんて日も…。

投稿者:5階西病棟 花田 導雄

「男はつらいよ」 6階西病棟 渡辺 圭

投稿日時:2012年12月26日 12:49 水曜日

みなさん初めまして!札幌徳洲会病院6階西病棟で看護師をしている渡辺圭という者です。このテーマでのリレーエッセイも私で11回目となりました。
まぁ、テーマについては他の男性看護師のエッセイを読んで共感をすると共に「ああ、書こうと思っていたことが書かれてしまった!」と涙を飲んできました・・・。笑
さて、私が「男はつらいよ」というか、私だからなのか?思ったことは一つだけありまして、それは・・・女性看護師の患者さんへの細やかな心配りです。
私は看護師として8年目ですがこればかりはどうやっても勝てるきがしません。そのためカンファレンスで患者さんの事を話しあう時はいつも勉強させてもらっています。私が雑なだけでは?っと思った方、そこは言わないであげてください。笑
しかし、今の時代は男性も増えてきているのでそれほど「男だからつらい!」ということは無いと思われます。男性女性と性別を抜きにして、「看護師」という職業はとてもやりがいがあるもので、いくら経験を積んでも毎日が勉強で充実しています。また、心技体が揃わなくては務まらず大変な反面、人間としてとても成長していける素敵な職業だと日々感じています。

少しテーマからそれましたが、もしこれから看護師を目指している男性の方がいたら、「男だからつらいかな・・・」という偏見はもたず是非頑張って下さい!
特に当院は男性看護が多く、看護師だけでなく他部署とも男性同士交流がありとてもアットホームな雰囲気ですので機会があれば是非一緒に働きましょう。

投稿者:6階西病棟 渡辺 圭

「男はつらいよ」 7階東病棟 高橋 優典

投稿日時:2012年12月18日 08:17 火曜日

こんにちは。7階東病棟で勤務している新人看護師の高橋優典です。
看護師として働き始めて半年と3カ月長いようで早くあっというまでした。そんな短い期間でも男性看護師は辛いなと感じた場面があります。やはり毎日の保清場面で辛いと感じることが多いです。

「男性はちょっと」とおっしゃる方や「女性でお願いします」と断られることも少なくありません。そんな時男性看護師は働きにくいなと感じる時があります。しかし、中には「男性看護師でよかった」「男の人は力が強くて拭いてもらうと気持ちいい」と言ってくれる方や車椅子に移乗する際も「男性だと力があるから安心する」という言葉もかけて頂き男性看護師もやりがいがあり必要とされていて楽しいなと感じながら仕事をしています。

7階東病棟には男性看護師が私を含めて4名います。学生時代からそうでしたがなぜか男性同士のつながりが強いように感じます。仕事で困ったことや悩みがあってもやはり男性の方が話しやすく相談しやすいです。特に徳洲会病院は男性看護師が多いと聞いているので男性が働きやすい環境なのかなと思います。

看護師は女性と感じる人もまだ多いと思いますが、男性にしかできないことや考え方があると思います。看護界に新しい風を吹かせる事ができるよう日々努力し自分の信じた看護を行っていきたいと思います。

投稿者:7階東病棟 高橋 優典

前の記事へ 次の記事へ