最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > RESIDENT ROOM > 後期研修 > 麻酔科後期研修プログラム

後期研修

麻酔科 後期研修プログラム

指導責任者

奥山 淳院長
専門領域 : 麻酔科

経歴 1989年北海道大学医学部卒
北海道大学病院、市立札幌病院、北海道社会保険中央病院、美唄労災病院、旭川厚生病院、北海道大学助手を経て、札幌徳洲会病院、北海道大学客員臨床講師
資格 日本麻酔科学会専門医・指導医、麻酔科標榜医

指導医

出内 なつ子麻酔科部長

経歴 1995年昭和大学医学部卒
札幌徳洲会病院(初期研修)、北海道大学病院を経て、札幌徳洲会病院勤務
資格 日本麻酔科学会専門医・指導医、日本蘇生学会蘇生法指導医、麻酔科標榜医

桑原 稔麻酔科医長

経歴 1999年北海道大学医学部卒
札幌徳洲会病院(初期研修)、北大病院麻酔科を経て、札幌徳洲会病院勤務
資格 日本麻酔科学会専門医、日本救急医学会専門医、麻酔科標榜医

研修概要

手術麻酔およびペインクリニック。年間2,300例の麻酔科管理症例があり、特に臨時手術件数が多いのが特徴である。プロポフォールによる静脈麻酔が主体で、気道確保はラリンジアルマスクを積極的に使用している。また、一般的な麻酔もマスターできる。当院および関連施設にて専門医資格取得に必要な研修が可能である。2年間で厚生労働省麻酔科標榜医、日本麻酔科学会麻酔科認定医を取得し、その後の4年間で麻酔科専門医資格を取得する。

取得可能専門医

  • 日本麻酔科学会専門医

学会認定施設

  • 日本麻酔科学会麻酔指導病院

研修期間と募集人員

研修期間 : 2年間
募集人員 : 1名