最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > RESIDENT ROOM > 後期研修 > 小児科後期研修プログラム

後期研修

小児科 後期研修プログラム

指導責任者

岡 敏明小児科部長
専門領域 : 小児疾患のトータルケアと治療、小児血液疾患、小児保健、小児救急医療

経歴 1975年北海道大学医学部卒
旭川医科大学小児科講師を経て、札幌徳洲会病院勤務
資格 日本小児科学会小児科専門医、日本血液学会専門医・指導医、日本小児血液学会評議員、小児保健研究編集委員、日本血栓止血学会学術標準化委員会血友病部会 委員、日本小児血液学会ITP 委員会委員、血液凝固因子製剤委員会委員、日本小児科医会国際委員会委員、日本医療保育学会理事、がんの子どもを守る会評議員

指導医

大島 美保小児科医長

経歴 1990年旭川医科大学医学部卒
旭川医科大学、北海道療育園、深川市立総合病院、遠軽厚生病院、富良野協会病院、旭川保健所、豊岡中央病院、名寄市立総合病院を経て、札幌徳洲会病院勤務
資格 日本小児科学会専門医

成田 光生小児科医長

経歴 1982年北海道大学医学部卒
札幌斗南病院、函館中央病院、市立札幌病院を経て、札幌医科大学附属・がん研究施設分子生物学部門にて研究に従事。
北海道大学、札幌鉄道病院、札幌愛育病院、札幌鉄道病院を経て、2011年札幌徳洲会病院勤務
資格 日本小児科学会専門医、日本感染症学会専門医・指導医、日本マイコプラズマ学会理事、アジアマイコプラズマ学会評議員、日本小児精神感染症学会評議員

梶野 真弓小児科

経歴 1989年旭川医科大学医学部卒
旭川医科大学小児科、富良野協会病院、国立循環器病センター、旭川厚生病院を経て、
2012年札幌徳洲会病院勤務
資格 日本小児科学会専門医、日本小児循環器学会専門医・指導医

研修概要

札幌市内や札幌近郊の救急治療を必要とする多くの小児救急疾患や、小児特有のさまざまな疾患に対応している。また、当院は「小児科専門医研修施設」であ り、小児科専門医資格取得も可能である。前半の研修では、小児の救急や感染症など小児の一般的な病気に対する診断と治療や、各種小児科疾患の診断・治療、 新生児診療、小児保健・予防接種などの実習を行いながら、小児を診るための総合的・実際的な能力を習得する。小児科専門医を目指す場合には、さらに旭川医 科大学小児科など道内の大学の後期研修プログラムと連結し、小児血液、悪性腫瘍、新生児・未熟児医療、小児循環器、小児神経・内分泌などの専門領域の診断 や診療を研修するシステムとなっている。また、3名の小児科医はそれぞれ、日本血液学会血液専門医・指導医や、日本感染症学会感染症専門医・指導医などで もあり、それらの専門資格取得も可能である。
一方、総合内科医などを目指す場合、内科後期研修期間中の小児科研修にも協力可能。この場合は通常の小児科研修のほか、小児救急、予防接種外来実習、乳児 検診外来担当、専門外来研修(小児内分泌、小児神経、小児血液)など、それぞれ希望に応じて実習が可能である。

取得可能専門医

  • 日本小児科学会専門医
  • 日本血液学会専門医
  • 日本感染症学会専門医

学会認定施設

  • 日本小児科学会専門医研修病院
  • 日本血液学会認定研修施設
  • 日本感染症学会認定研修施設

研修期間と募集人員

研修期間 : 3年間
募集人員 : 2名