最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > RESIDENT ROOM > 後期研修 > 外科後期研修プログラム

後期研修

外科 後期研修プログラム

指導責任者

小谷 裕美副院長・外科部長
専門領域 : 消化器外科全般

経歴 1984年 旭川医科大学医学部卒
旭川医科大学付属病院第2外科、北海道大学医学部付属病院麻酔科、旭川厚生病院外科、
国立札幌病院外科、丸瀬布厚生病院外科、東旭川病院副院長、佐呂間厚生病院副院長などを経て、2003年より札幌徳洲会病院勤務
資格 医学博士、日本外科学会専門医、日本消化器病学会専門医・指導医、日本消化器外科学会認定医・消化器がん外科治療認定医、介護支援専門員

指導医

紀野 泰久外科部長

経歴 1990年旭川医科大学医学部卒
旭川医科大学付属病院第2外科、札幌厚生病院外科、遠軽厚生病院外科、小林病院外科などを経て、札幌徳洲会病院勤務
資格 日本外科学会専門医、日本消化管学会胃腸科認定医

斉藤 琢巳外科医長

経歴 1995年旭川医科大学医学部卒 旭川医科大学付属病院第2外科、国立療養所道北病院外科、市立札幌病院外科などを経て、札幌徳洲会病院
資格 日本外科学会専門医、日本がん治療認定医

城田 誠外科医長

経歴 1996年旭川医科大学医学部卒
愛知県がんセンター消化器外科、札幌徳洲会病院勤務
資格 日本外科学会専門医

長尾 知哉外科医長

経歴 1999年徳島大学医学部卒
聖路加国際病院、佐久総合病院、国立がんセンター中央病院外科を経て、札幌徳洲会病院勤務
資格 日本外科学会専門医、日本消化器外科学会専門医・消化器がん治療認定医、日本がん治療認定医、日本集中治療医学会専門医、日本乳癌学会認定医、日本麻酔学会専門医、麻酔標榜医、ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター、旅行医学認定医、健診マンモグラフィ読影認定医

研修概要

研修期間中、術者・主治医として可能な限り多くの経験を積み、日本外科学会専門医資格を取得することを目標としている。急性期の疾患が多いことが特徴であるが、下肢静脈瘤手術などの短期入院手術も増えている。消化器外科および乳腺外科を中心に、幅広い分野で執刀医としての修練が可能である。救急疾患、良性疾患などの手術適応の決定から術後管理、また癌治療における術後化学療法や緩和医療など、すべての外科疾患について責任を負える能力をもつ外科医を育成する。

取得可能専門医

  • 日本外科学会専門医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 日本消化器病学会専門医

学会認定施設

  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本消化器外科学会専門医修練関連施設
  • 日本消火器病学会認定施設
  • 日本救急医学会認定医指定施設

研修期間と募集人員

研修期間 : 3年間
募集人員 : 2名