最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > RESIDENT ROOM > 後期研修

後期研修

研修プログラム ~概要~

2年間の初期研修を終了した医師が、専門医取得を目指した高度な知識・技術の習得と患者中心の医療の実践と育成を目的としている。190万都市である札幌市の南東に位置し、市内のみならず近郊都市の地域医療・救急医療の中心的役割を担う、昭和58(1983)年5月1日に豊富な設備と医療体制の整った北海道で初めて開院した徳洲会病院である。
病院運営の柱の一つが教育であり、教育システムの確立を日々目指している。平成24年7月1日に29年間慣れ親しんだ白石区栄通から1.6キロメートル離れた厚別区大谷地東へ新築移転し、これまでの地域医療・救急医療・プライマリケア・外傷医療を更に強化し、地域に根差した病院として適切な医療が提供可能となる高機能病院を目指すとともに、徳洲会グループの理念を持った医療従事者の教育・輩出を目指している。 私たちとともに、新しい病院を創り上げていく仲間を求めています!