最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

平成27年度 札幌徳洲会病院 病院指標
  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 695 280 312 452 545 614 968 1223 1304 465
平成27年度に退院された患者さんを10歳刻みの年齢別で表示しております。
当院は70歳以上の患者さんが43.6%と多い一方、10歳未満の小児も10.1%と多く、どの年齢にも特化しない患者さんと対応をしております。
22科の診療科を有し、救急患者さんの24時間の対応といった急性期医療から慢性疾患まで地域に根ざした幅広い医療を提供しております。
特に四肢外傷を中心とした治療を行う外傷センターや、どの専門科にも属さない行き場がなくなった患者さんを受け入れるプライマリ科など多様な患者さんの対応をしております。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 64 6.59 5.50 0 54.94
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 49 16.45 14.34 4.08 74.51
060102xx99xxxx 穿孔または腫瘍を伴わない憩室性疾患 47 7.53 7.91 0 58.43
地域の基幹病院として1、救急医療 2、がん治療 3、在宅医療を3本の柱とし、我々スタッフ一同は毎日の診療にあたっております。
1、救急医療
急性期病院である当院の性質上、夜間・休日を問わず近隣地域のみならず、江別・北広島からも救急患者さんが来院されています。吐血・下血・腹痛に対して、緊急内視鏡処置を含めた対応と、外科との密な連携による急性腹症の診断治療が可能です。
2、がん治療
消化器がんの早期発見・早期治療をめざし、健診による胃・大腸早期がんのひろいあげ、進行がんに対する外科治療、さらに切除不能の進行がんに対する抗がん剤治療と一貫した消化器がんの診断治療を行ないます。
3、在宅医療
急性期治療が安定し、自宅退院が可能となった患者さんの支援、またがんの終末期を自宅で迎えたいといったニーズに幅広く対応しております。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 137 2.01 3.07 2.19 71
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 53 2.25 4.87 0 72.21
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 31 2 3.22 6.45 71.26
私達は、経験豊富な循環器治療の専門家集団です。いつでも患者様を中心に考え診療にあたっております。それと共に豊かな経験を有する優秀な看護師、看護助手、放射線技師、検査技師、それに臨床工学士など多数のコメディカルを擁しています。この素晴らしい仲間と一緒に、私達は24時間体制で皆様方の健康を優しく守っていきます。
更には、国内外を問わず交流を積極的に行い、常に再診の医学情報に基づいた科学的診療を行っておりますし、当診療科で得られた知見を積極的に世界に発信していきます。
また、不整脈外来を新設、その他、睡眠時無呼吸障害治療にも注力しております。
アレルギー科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 62 5.71 11.08 0 3.08
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 30 4.67 3.71 0 15.07
080270xxxx0xxx 食物アレルギー 16 4 2.63 0 21.5
当科で行うのは、各アレルギー疾患治療ガイドラインを基本としたスタンダードな治療です。
アレルギーが生活の中心になるのではなく、生活スタイルにアレルギーを合わせる方針としています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 127 6.73 5.72 0 3.1
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 68 5.93 5.50 0 3.6
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウィルス性肺炎 56 6.96 5.54 0 2.57
子どもは様々な病気にかかるので、総合的な診断や検査が必要になることが少なくありません。当院は総合病院の小児科なので、耳鼻科や皮膚科、外科・整形外科などと連携し、子どもさんの様々な病気の診断、治療に対応しています。また救急医療にも力を入れている病院なので、緊急CT検査やMRI検査、超音波検査、緊急血液検査などが速やかに施行できるので、素早い診断や治療が可能です。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xx0x 静脈・リンパ管疾患 158 2.75 3.46 0 63.44
060150xx03xx0x 虫垂炎 85 4.91 5.56 0 33.93
060335xx0200xx 胆嚢水腫、胆嚢炎等 38 10.45 7.84 0 63.92
当科は、一般外科とよばれる分野で、消化器に対する外科治療に加え、乳腺内分泌疾患、下肢静脈瘤、そけいヘルニア、呼吸器疾患、動脈閉塞症に対する外科治療など、幅広い疾患の外科的治療を行っています。24時間救急医療体制で診療しているため急性期の疾患が多いことも当科の特徴です。
消化器疾患については、食道・胃・小腸・大腸・肝・胆道・膵臓などのがんの治療をはじめ、胆石症、急性腹症、腸閉塞症などの諸疾患の外科治療に幅広く対応し、単孔式を含めた内視鏡(鏡視下)手術も積極的に行っています。
また、専門外来として、乳腺外来、下肢静脈瘤およびそけいヘルニア外来、肛門科外来を開いており、乳がんの検査と治療、下肢静脈瘤のレーザー治療や各種ヘルニアの最新の手術治療、注射による痔核治療を行っています。
乳がんの治療においては、当院の形成外科と連携して行う乳房再建術にも対応しています。
これらの種々の外科疾患の治療において、低侵襲手術を積極的に取り入れて、短期入院治療など、ご希望に合わせた治療も行っております。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 10 15.4 14.41 0 61.8
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。)腰部骨盤、不安定椎 - - 18.44 - -
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) - - 21.52 - -
当院整形外科が常設されて10年以上になります。できる限り入院直後より、リハビリテーションを始める、骨折患者の手術は48時間以内に行うことを目標にしました。その結果当科の実績が認められ、多くの救急外傷患者さんが搬送されるようになりました。
反面緊急処置を要することが多く、他の患者さんの待ち時間が長くなることが多くなってきたため当院ではいわゆる「けが」を治療する外傷センターを設立し整形外科と分けております。
整形外科では関節や頚、腰の痛み、しびれ、などの他、昔のけがの後遺症、などを担当しております。
慢性的な疾患が多いため外来では予約患者さんが多く、新規の患者さんは多少お待ちいただくこともありますが、しっかりとした診療を行っていくよう心がけています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 16 3.69 4.38 0 43.69
180060xx97xxxx その他の新生物 12 3.25 6.84 0 37.83
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 - - 3.54 - -
当科では皮膚・皮下腫瘍の切除を多く行っています。また眼瞼下垂手術にも力を入れています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x09000x 脳梗塞(JCS10未満) - - 15.80 - -
010060x097x1xx 脳梗塞(JCS10未満) - - 59.91 - -
010310xx97x1xx 脳の障害(その他) - - 49.06 - -
脳神経外科が担当する主な疾患は下記の4つです。
1.脳血管障害(脳梗塞,脳内出血,クモ膜下出血)
2.脳腫瘍
3.頸部頚椎の変形性頚椎症,後縦靱帯骨化症
4.頭部外傷(慢性硬膜下血腫など)
外来では、これらの疾患に関与する内科的危険因子の検査や、MRによる精査を行っています。
頭痛、言葉のもつれ、手足のしびれ、手足の運動障害などがあったら受診して下さい。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 42 9.26 9.94 0 33.05
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 36 14.17 20.87 19.44 31.08
120140xxxxxxxx 流産 26 1.88 2.34 0 34.08
子宮・卵巣の病気は、手術をするべきかどうか微妙なものが少なくありません。患者さんへの徹底した説明と同意のもとで、最も良い治療法を選択することをモットーにしています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160250xx97xxxx 眼損傷 - - 4.80 - -
020110xx99xxxx 白内障、水晶体の疾患 - - 2.72 - -
020160xx97xxx0 網膜剥離 - - 11.08 - -
私たちは日常生活の多くの情報を目から取り込んでいます。
その重要な感覚器官である目の健康を目指して、眼疾患全般を対象に診療を行っています。
主な眼疾患は近視・遠視・乱視・老視などの屈折異常、感染やアレルギーによる結膜炎、目がかすむ白内障、視野が欠ける緑内障、糖尿病の合併症である糖尿病網膜症などです。
当科では白内障手術などの手術治療を積極的に行っております。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 34 6.03 8.20 0 11.47
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 29 4.52 7.76 0 58.14
030428xxxxxxxx 突発性難聴 23 7.74 9.60 0 54.48
耳鼻咽喉科では耳・鼻・のどの病気の他、顔面・頸部の診察もしています。その他、めまい・顔面神経麻痺なども耳鼻咽喉科で治療することの多い疾患です。
耳鼻咽喉科の領域にも、喉頭癌・咽頭癌・甲状腺腫瘍などの腫瘍ができることがあります。これらの多くは、目で見たり手で触ったりすることで診断することができます。
IBDセンター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060185xx99x0xx 潰瘍性大腸炎 40 9.95 12.98 0 42.83
060180xx99x0xx クローン病等 36 9.19 9.73 0 34.97
060185xx97x0xx 潰瘍性大腸炎 11 13.36 41.65 0 49.36
IBDセンターは、潰瘍性大腸炎やクローン病と診断された方や、原因の明らかでない下痢や腹痛を症状とする方の診断・治療に特化した部門です。
個人個人の体質や薬の効き方、疾患の状態、および社会的生活に基づいた診断・治療計画をつくり、これらの疾患の克服をめざしています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 90 11.34 14.34 2.22 68.01
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 - - 20.63 - -
040100xxxxx01x 喘息 - - 6.31 - -
当院呼吸器内科では、急性肺炎、気管支喘息等の急性期、閉塞性肺疾患の治療を主にしております。せき、たんが持続、呼吸困難があるなどの症状でお困りの方は受診してください。尚、肺癌等の悪性腫瘍はがんセンター等を紹介しております。
腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 16 24.88 13.64 25 75.5
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 11 13.18 14.34 27.27 72.45
050130xx99000x 心不全 - - 18.30 - -
糖尿病性腎症や腎硬化症及び慢性糸球体腎炎といった慢性腎不全の基礎疾患として頻度の多い疾患を有する患者様を多数診させて頂いております。他の医療施設(病院、診療所)からの紹介患者様も多い状況です。健診等で検尿上の異常を指摘された場合なども含めてお気軽に受診して下さい。
総合診療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 127 20.85 14.34 15.75 79.34
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 107 2.04 3.58 5.61 39.05
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 72 17.74 12.60 15.28 74.36
救急で診たらあとは各科専門医任せというのが今までの日本の救急医療のスタイルでした。ところがこのスタイルの中では、どの専門科にも属さない患者様の行き場がなくなってしまいがちでした。救急や一般外来で頻繁に見られるこのような患者様を多方面から総合的に受け入れるべく、救急診療のその先を担当するいわば総合診療科です。医療の問題だけではなく、社会的・経済的・心理的問題の解決にも、医師・看護師・リハビリ・栄養士・薬剤師・ソーシャル・ワーカーなどが一丸となってベストなケアとキュアを目指します。
外傷センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 321 31.55 28.70 53.58 82.12
160740xx97xx0x 肘関節周辺の骨折・脱臼 73 3.89 5.41 0 15.92
160760xx97xx0x 前腕の骨折 69 4.93 5.70 1.45 48.35
私どもが目指している「整形外科外傷センター」は「機能再建型の外傷センター」です。すなわち外傷初期治療後の速やかな「機能再建術」が治療の主体になっています。このような診療科は日本には数える程しかありません。骨折治療においては生物学的活性の温存に主眼をおいた「AO法」の実践、また重度四肢外傷治療においてはマイクロサージャリー(微小外科)およびイリザロフ法を駆使した治療を実践しています。外傷治療に特化した整形外科医が緊急手術を含め受傷早期から治療を開始すること、そして手術後は速やかに専門的リハビリテーションを行うことをモットーにしています。患者さんの術後経過も概ね良好であり、元気に社会復帰する方が大勢おられます。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 4 6 2 7 0 1 6,7
大腸癌 8 16 15 6 5 3 1 6,7
乳癌 12 9 4 4 2 1 1 7
肺癌 0 0 1 5 2 0 1 7
肝癌 1 3 3 0 12 6 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院は現在北海道がん診療連携指定病院として他の地域の病院と連携を取りながらがん診療を行っています。当院の5大がんの6割はStageⅠ~Ⅲを占める形になり、最も進行した状態のStageⅣが1割程度になっています。どのStageでも対応出来る様に外来化学療法センターや緩和ケアチーム、情報提供、生活相談など療養に関する支援を行いながら診療にあたっています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 70 9.91 54.56
重症度 1 92 19.23 81.49
重症度 2 86 22.98 84.16
重症度 3 31 20.65 83.87
重症度 4 7 76.57 85
重症度 5 13 29.54 86.38
不明 0 0 0
当院での結果は成人市中肺炎の患者さんの多い割合を占めているのが重症度1と重症度2になります。評価項目の1つに年齢(男性70歳以上・女性75歳以上)がある為、高齢化による影響で中等症になりやすくなる状況があると考えられます。軽症の場合は基本的には外来加療となりますが患者さんの状態に応じて入院が必要な場合があります。年齢が高くなるほど重症度が増し、平均在院日数も長くなる傾向にあります。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 10 6.4 77.8 0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 27 23.67 71.22 20.69
その他 2 7.5 78.5 3.45
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
疾患の特徴から、比較的高齢の患者さんを多く診療しています。約2割強の患者さんが当院を退院したあと在宅復帰せず、リハビリテーション目的等で他院へ転院されています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満) 104 0.87 2.25 0.96 67.54
K654 内視鏡的消化管止血術 47 5.15 16.15 12.77 71.51
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 37 3.92 22.76 21.62 78.46
1番目の内視鏡的粘膜切除術(EMR)は、大腸に出来たポリープを内視鏡を使用して切除・治療する方法です。開腹術と比較して、患者様の負担は少なくなります。
2番目の内視鏡的消化管止血術は、胃・十二指腸等からの出血に対し、内視鏡を使用して止血の処置をする方法です。当院では救急部と連携をして緊急でも対応しております。
3番目の内視鏡的胆道ステント留置術は、胆管が閉塞、狭窄し胆汁の流れが不良になった場合に、ステントを使用して胆汁の流出路を作る方法です。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 51 0.92 1.49 0 72.75
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) - - - - -
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - - - - -
循環器科では、胸痛などの虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)に対し、バルーンで血管を拡げ、ステントを挿入し、血管の中が拡がった状態を保つ、PCI(冠動脈ステント治療)を最も多く行っております。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7151 腸重積症整復術(非観血的) - - - - -
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - - - - -
数は多くありませんが、腸重積症整復術、新生児仮死蘇生術を行っております。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 154 0.32 1.43 0 63.33
K634 腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術 102 0.47 2.11 0 56.58
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 86 0.12 3.86 0 33.8
外科では緊急手術、短期滞在手術等、あらゆる体制で行い実績があります。
中でも下肢静脈瘤手術、虫垂炎等の手術が全体の手術件数の上位を占めております。
また、消化器癌の手術も多数行っており積極的な治療を行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(肩) 13 1.08 14.31 0 62
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(追求形成) 12 5.58 27.83 0 68.08
K0821 人工関節置換術(膝) - - - - -
当院では四肢外傷は外傷センター科が担当している為、整形外科では変性疾患を中心に診療しています。肩の手術(滑膜切除、鏡視下腱板縫合等)、腰の手術(椎弓形成)の他、人工膝関節置換術も行っています。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(直径6cm以上) 16 0 4.38 0 43.75
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径4cm以上) 10 0 2.2 0 43.7
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) - - - - -
形成外科では皮膚腫瘍や眼瞼下垂症の手術を主に行っております。腫瘍切除後や外傷による組織欠損の修復や再建も治療の一環とし、形だけでなく機能的に正常に戻すことを目的に治療を行っております。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K167 頭蓋内腫瘤摘出術 - - - - -
K0462 骨折観血的手術(下腿) - - - - -
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) - - - - -
当院では外傷後の硬膜下血腫(慢性,急性)に対し、洗浄、除去を行っています。合併症の手術が必要になった場合は、他科と協力して手術を行っています。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 36 0.94 7.25 0 32.69
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開) 19 1.74 8 0 32
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) 12 0.75 0.08 0 32.67
産婦人科では帝王切開手術が多くを占めています。
産科では自然分娩がほとんどですが、母体・胎児の状態、術歴などにより帝王切開術の必要がある場合に選択し行っています。また、流産に対して手術を行っています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合) 184 0.06 1.06 0 77.68
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しない場合) - - - - -
K208 麦粒腫切開術 - - - - -
眼科では、白内障に対する水晶体再建術が大半を占めています。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 30 0.33 5.23 0 17.4
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) 14 0.86 1.43 0 59.07
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ)<甲状腺部分切除> 11 0.55 2.82 0 46.18
耳鼻咽喉科では中耳炎やめまい、顔面神経など多岐に渡り様々な病気の治療をおこなっておりますが中でも扁桃炎や副鼻腔炎、甲状腺腫瘍の手術を主として行っています。
副鼻腔炎手術では、内視鏡を用いて従来よりも負担の少ない低侵襲な治療を実現しています。
IBDセンター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K735-2 小腸・結腸狭窄部拡張術(内視鏡) - - - - -
K637-2 経皮的腹腔膿瘍ドレナージ術 - - - - -
K7161 腸閉塞症手術(小腸切除術)(悪性腫瘍手術以外の切除術) - - - - -
IBDセンターでは主に潰瘍性大腸炎、クローン病等の治療を行っています。これらの疾患は診断や治療が難しい場合がとても多く、専門性のある診療が必要となります。患者さんの状態を正確に判断し最適な治療方法を選択した上で改善、向上に繋げる治療を行っております。
呼吸器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 - - - - -
K5091 気管支異物除去術(直達鏡) - - - - -
呼吸器内科で管理中に手術が必要になった場合は、他科と協力して手術を行っています。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 - - - - -
K0842 四肢切断術(大腿) - - - - -
K2521ロ 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(直径2cm未満 - - - - -
腎臓内科で管理中に手術が必要になった場合は、他科と協力して手術を行っています。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
総合診療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕) 10 3 60.6 80 84.3
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
総合診療科で管理中に手術が必要になった場合は、他科と協力して手術を行っています。

※病院情報公表の集計条件に基づき、10症例未満の数値は、-(ハイフン)としています。
外傷センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 276 1.66 24.42 46.74 77.5
K0462 骨折観血的手術(下腿)<内固定を行う> 112 2.17 13.94 5.36 53.4
K0483 骨内異物(挿入物)除去術(下腿)<挿入物> 76 0.62 2.28 0 42.64
外傷センターは、転倒による高齢者の大腿骨近位部骨折や小児の肘周囲の骨折が上位をしめており、年齢問わず幅広く受け入れる体制をとっております。またその一方で、重度四肢外傷の手術も数多く行っており、切断指の再接着、血管や神経などの軟部組織の再建、骨盤下肢の多発骨折など、市外からの受け入れも積極的に行っております。術後は早期にリハビリテーションを介入し、受傷時に近い機能を取り戻し早期に社会復帰できるようチーム医療として取り組んでおります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01
異なる 0 0
180010 敗血症 同一 27 0.39
異なる 25 0.36
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0
異なる 0 0
180040 手術・処置等の合併症 同一 51 0.74
異なる 9 0.13
この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないが少しでも改善すべきものとして、敗血症、DIC、手術・手術後の合併症、その他の真菌症について、入院契機病名(入院のきっかけとなった傷病)の同一性の有無を区別して対象患者様の人数と発症率をしめしたものですが、敗血症ではDPC病名と入院契機となった傷病名が同一であるものが27例であり、異なるものは25例で、腎盂腎炎や肺炎などが原因で全身状態が悪化し敗血症に至ってしまった症例です。手術・処置などの合併症としては、当院は外傷センターという診療科があり術後の感染症により入院され、治療を受ける患者様が多いということになります。
更新履歴