最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > 院長あいさつ

院長あいさつ

 

札幌徳洲会病院 院長 奥山 淳

 

当院は昭和58年(1983年)に白石区栄通り18丁目に開設され、平成24年(2012年)7月に厚別区大谷地へ新築移転をいたしました。
整形外科外傷センターを中心として年間4300件の手術(3400件の全身麻酔手術)を行っている手術室および4500台の救急車を受け入れている救急センターをはじめ外来、病棟、コメディカル、事務スタッフが年中無休24時間活動している活気のある病院です。
平成26年には新しくIBD(炎症性腸疾患)センターを開設し、守備範囲を広げるとともに、これまでの地域医療、救急医療、プライマリケアおよび外傷医療をますます強化し、地域に根ざした病院として適切な医療が提供できるよう努力してまいります。
これからも徳洲会設立の理念「生命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」を実践してまいります。