最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > 診療部門 > 薬剤部門

薬剤部門

札幌徳洲会病院 薬剤部

薬剤部には、調剤室、注射薬調剤室、製剤室、医薬品情報室、治験薬管理室があり、薬剤師21名で業務を行っています。
私たちは、調剤、医薬品の供給と管理、品質管理、医薬品情報の収集と提供、服薬説明などを行っています。それ以外にも抗がん剤や高カロリー輸液の無菌調製、薬物血中濃度の測定などを行い、医薬品が適正に使用され、患者さんにより安全で効果的な薬物治療が行われるように様々な業務に取り組んでいます。
また、医師、看護師とともにチーム医療として治療に必要な情報の提供を行い、医薬品の安全確保と適正使用を推進しています。

薬剤管理指導業務

薬剤管理指導とは、入院患者さんを対象として、調剤、医薬品管理、医薬品情報管理、薬歴管理、服薬指導などの薬剤師業務のことを言います。
薬剤管理指導は、患者さんの服薬のコンプライアンスを高めたり、副作用発現の防止・早期発見、医師・看護師が必要とする医薬品情報を提供しチーム医療の充実などを目的として行っています。

注射薬調剤業務

入院患者さんの注射薬を注射処方箋に従って、患者さんごとに1本渡しにて調剤して、病棟に払いだしています。調剤の前には、配合変化、相互作用、投与経路、投与速度などを確認し、疑問点がある場合は医師への問い合わせをしています。

薬品管理

薬局、病棟、ICU、外来、手術室の薬品管理を行っています。救急カートの薬品は薬剤師が毎日、薬品の在庫数や使用期限の確認を行うことにより、患者さんが適切な薬を使用できるように努めています。

DI(医薬品情報管理業務)

薬が有効かつ適切に使用されるように情報を収集・管理し、患者さんや医師、看護師など他の医療スタッフに情報を提供しています。

副作用情報収集業務

薬が起こす副作用を把握し、より多くの情報を集めています。このことより、副作用の早期発見・回避を行うことに役立てています。

TDM(治療薬剤血中濃度モニタリング)

患者さんの血液中の薬の濃度を調べて、コンピューターで解析することによって一人一人に最も適した投与量や投与時間を設計して、その情報を医師に提供しています。

糖尿病業務

糖尿病薬物療法の詳しい説明やインスリン自己注射、自己血糖測定の説明をしています。また、毎週、病院内において誰でも参加することのできる糖尿病教室を開催していて、糖尿病についてわかりやすく楽しく学べます。

糖尿病教室のご案内

当院では、糖尿病について、正しく理解して頂くため、糖尿病教室を開催しております。

【対象】
入院、外来の患者様を問いません
糖尿病治療中の方はもちろん、ご本人が糖尿病ではなくても、家族が糖尿病の方など糖尿病に興味のある方どなたでも参加して頂けます。直接会場におこしください。

【場所】
当院医事課相談室2または3
【開催日・時間】
第1週から第4週までの月から木曜日(祝日は除く)
14時から15時(約1時間)

【内容】
詳しくは、糖尿病教室の時間割をご覧下さい。
時間割は薬局にて配布しております。



 

抗がん剤混注業務

当院では化学療法センターや病棟にて化学療法を行なう際に投与される抗がん剤の混注を行なっています。調整時、薬液が漏れて皮膚などに暴露しないように薬剤師が防護服を着て安全キャビネット内にて操作を行なっています。
 また、調整前に患者さんの体重、体表面積、臨床検査値、アレルギー歴等の基本情報を基に投与量や投与スケジュールの確認を行なったり、患者さんに薬剤師が薬の説明を行なうことにより有効で安全な治療ができるように努めています。

TPN(高カロリー輸液)製剤調整業務

無菌製剤室にてTPNの混注を行なっています。
TPNとは、栄養を経口摂取できない患者さんが点滴にて1日に必要な栄養を摂るための輸液です。操作は無菌製剤室内のクリーンベンチにて無菌操作を行い、混注します。入室にあたっては無菌製剤室前にてガウン、マスクなど装備してから入室します。

訪問服薬指導

薬剤師が居宅療養している患者さんのお宅に伺い訪問服薬指導を行なっています。
薬剤師が患者さんの質問に訪問先にてお答えし、コンプライアンス状況、副作用の有無、健康状態のチェックを行い状況を主治医、看護師、ケアーマネージャーに連絡報告しています。

急性中毒活動業務

医薬品、家庭用品、工業用品、動植物などのさまざまな化学物質や自然毒による急性中毒事故に対して、原因物質の毒性や症状、治療法などの情報を医師に提供しています。
その他、事故防止のためにパンプレットを作成して病院内にて配布しています。
また、日本中毒学会総会・学術集会や日本中毒学会東日本地方会学術集会に参加し発表を行なったり、徳洲会グループでも中毒研究会を開催しており、症例検討会などを行なっています。
平成23年1月8日、札幌にて開催される第25回日本中毒学会東日本地方会学術集会では、当院の医師が会長を勤め、薬剤師が事務局を担当しています。

NST

NST(栄養サポートチーム)での薬剤師の役割は、薬が原因で栄養状態が悪くなっていないかを調べたり、逆に栄養状態の悪い患者さんに適切な薬(栄養補助剤・輸液など)を助言したりしています。また、病院内での栄養に関わる勉強会の企画のお手伝いなどもしています。

医療講演

当院では、病院内、病院外にて誰でも参加することのできる医療講演を開催しています。
医療講演は、医師、看護師、栄養士、臨床検査技師、放射線技師、ソーシャルワーカー、医療事務などさまざまな職種により、いろいろな内容の講演が行われています。
薬剤師の講演しており、「薬の飲み方・飲み合わせ」、「薬に関するよくある質問」、「血圧の薬」、「インフルエンザの薬」などについてお話させていただいています。
今後、その他にも講演内容を増やしていきますのでお楽しみにしてください。また、ご要望などございましたら、当院ホームページお問い合わせのページからメールをしていただくか、お電話ください。

専門資格所有職員

・がん薬物療法認定薬剤師
前田健太