最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > 新着情報一覧 > サービス付高齢者向け住宅「徳洲苑しろいし」6月新装オープン予定

お知らせ

サービス付高齢者向け住宅「徳洲苑しろいし」6月新装オープン予定

2013.03.02

 白石区栄通18丁目の「旧札幌徳洲会病院」は、多くの地域住民の方々に支えられ、30年という永きに亘り、温かい励ましとご支援を頂きながら病院としての役目を終え、昨年7月厚別区大谷地に新築移転開院し、早や9ヶ月が経過しました。
 
新しい病院になって医療の質・サービスが、良くなったと言われるように、職員一同、新たな気持ちで日々努力し、地域から信頼される病院を目指してまいります。
 
さて、我が国は今、すでに世界のいかなる国も経験したことのない急 激な人口減少による超少子高齢社会の時代に突入しております。
 
そんな中、徳洲会は病院をはじめとし、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、グループホームなどを次々開設し、医療・福祉・介護分野において、地域の方々を支えさせていただいております。しかし今日札幌市においても急速な高齢化が進んでいますが、まだまだ、高齢者のための受入れ施設は充足されていない実状にあります。

これからも、グループの組織と連携を更に強め、高齢者の皆様が安全で安心に暮らせ、満足感の味わえる「サービス付高齢者向け住宅」をご提供するため、「旧札幌徳洲会病院」の建物を全面リニューアルし、併せて訪問介護・居宅介護支援事業所なども設置した複合施設に様変わりします。現在6月新装オープンに向け準備中です。

住宅部門は2階から6階に164室を設置。フロア毎に居間・食堂・大浴室などを設け、1階にはデイサービスセンター・キッチンセンター、介護・医療部門のみならず、健康増進センター、在宅高齢者相談室、地域交流室なども開設します。また、入居高齢者が幼児と関わりの持てる保育園も併設し、地域に開かれた支援拠点施設を目指す所存です。

現在入居者を募集中ですので、ご希望の方は開設準備室までご連絡ください。(?011―836―1108)


事務顧問 矢野 道夫