最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > 新着情報一覧 > ボランティア活動について

お知らせ

ボランティア活動について

2014.02.03

当院は、昭和58年5月に開院し、平成24年9月に新築移転致しました。
昨年4月から、看護部・事務・コメディカル職員10名でボランティア委員会を発足し、昨年9月から開院31年目で初めてボランティアを導入しました。
現在14名の登録で、毎日2?4名の方々に活動していただいています。
活動内容は、一階ロビーで、来院される患者様の受付機、会計機の説明補助、入院される方の病棟への御案内、産婦人科外来では、診察されるお母様と一緒に来られた子供さんの遊び相手、小児科病棟では遊具の除菌、一般病棟では、高齢の患者様のお話し相手、院内散歩等をしていただいています。
ボランティアさんの関わりにより、来院される患者様の不安が、少しでも解消できれば、病院としてのサービス向上に繋がると考えています。
来院された患者様からは、「ボランティアさんがいてくれて良かった、助かった、ありがたい」と言う声をいただいています。
今後はボランティアの人数をもっと増やし、組織化していく事を検討しています。
又、ボランティア向けの勉強会を定期的に開催しています。
今回は、「救急実技・AEDの使い方」の演題で、当院救急認定看護師 桜井政純氏が講師となり、救急実技(心臓マッサージ等)の指導を行いました。
病院内外を問わず、いざ言う時に活用できることを念頭に、1人1人が実践し活気ある勉強会となりました。