最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

ホーム > 診療科目 > 外傷センター

外傷センター

診療科の特徴

当センターの概要
当センターは四肢外傷に対して高いレベルの医療を提供する目的で、2007年4月に開設されました。また当センターの姉妹施設として翌2008年4月に札幌東徳洲会病院にも「外傷センター」を開設しました。以後2施設体制で外傷専門医療を行ってきましたが、2012年7月当院が新病院へ移転したのを機会に両施設を統合し、より大きな外傷医療施設を設立し現在に至ります。

当センターの特徴
私どもが目指している「整形外科外傷センター」は「機能再建型の外傷センター」です。すなわち外傷初期治療後の速やかな「機能再建術」が治療の主体になっています。このような診療科は日本には数える程しかありません。骨折治療においては生物学的活性の温存に主眼をおいた「AO法」の実践、また重度四肢外傷治療においてはマイクロサージャリー(微小外科)およびイリザロフ法を駆使した治療を実践しています。外傷治療に特化した整形外科医が緊急手術を含め受傷早期から治療を開始すること、そして手術後は速やかに専門的リハビリテーションを行うことをモットーにしています。患者さんの術後経過も概ね良好であり、元気に社会復帰する方が大勢おられます。

担当医

辻 英樹

副院長・外傷センター部長

辻 英樹

札幌医科大学医学部卒
医学博士
日本整形外科学会整形外科専門医
日本手外科学会手外科専門医
日本手外科学会代議員
「Hand Now」editorial writer
日本骨折治療学会評議員
北海道整形外科外傷研究会代表
北海道手外科ハンドセラピィ研究会代表
AO Trauma Japan 評議員
北海道整形災害外科学会評議員
北海道大学整形外科非常勤講師
札幌医科大学整形外科非常勤講師
臨床研修指導医

倉田 佳明

外傷センター長

倉田 佳明

東京医科歯科大学医学部卒
日本整形外科学会整形外科専門医
日本救急医学会救急科専門医
北海道整形外科外傷研究会評議員
北海道手外科ハンドセラピィ研究会世話人
AO Trauma Japan 評議員
難病指定医
臨床研修指導医

斉藤 丈太

外傷センター部長

斉藤 丈太

札幌医科大学医学部卒
日本整形外科学会整形外科専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医
臨床研修指導医

上田 泰久

外傷センター部長

上田 泰久

旭川医科大学医学部卒
日本整形外科学会整形外科専門医
日本救急医学会救急科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医

松井 裕帝

外傷センター医長

松井 裕帝

札幌医科大学医学部卒
日本整形外科学会整形外科専門医
日本手外科学会手外科専門医
難病指定医

佐藤 和生

外傷センター医長

佐藤 和生

旭川医科大学医学部卒
日本整形外科学会整形外科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会プライマリ・ケア認定医・指導医

佐藤 陽介

外傷センター医師

佐藤 陽介

東京医科歯科大学医学部卒
日本整形外科学会整形外科専門医

小田 和孝

外傷センター医師

小田 和孝

高知大学医学部卒
日本整形外科学会
整形外科専門医
臨床研修指導医

宮岡 俊輔

外傷センター医師

宮岡 俊輔

鳥取大学医学部卒
日本整形外科学会
整形外科専門医
日本救急医学会
救急科専門医

池田 起也

外傷センター医師

池田 起也

東北大学医学部卒

士反 唯衣

外傷センター医師

士反 唯衣

旭川医科大学医学部卒
日本整形外科学会
整形外科専門医

 

後期研修希望の方へ

外傷センター 後期研修内容紹介