最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2018年 03月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3
4
5 6 7 8 9
10
11
12 13 14 15 16
17
18
19 20
21
22 23
24
25
26 27 28 29 30
31

カテゴリー

「第4次産業革命」

投稿日時:2018年3月20日 17:21 火曜日

先週、市内のセミナーで竹中平蔵氏の少し固いテーマの講演を聞いてきました。
正直、睡魔との戦いになるのではと思っていましたが、世界レベルでみた日本経済はどうなのか?から始まり、その後も大変興味深い内容で、久しぶりにメモまでとっていました。

80分もの講演をご説明するのは難しいのですが、やはりこれからは、AI・ロボット(ドローン含む)・IOT・ビッグデータ(の活用)・シェアリングエコノミーを核とした第4次産業革命とも言うべき時代を迎えるだろう・・とのことでした。

AIとロボットの更なる発達により、現在の職業の40数%が近いうちに無くなるだろうとの考察もあるようです。
お子さんにも分かりやすい例として、プロ野球の審判は今すぐに無くなっても不思議はない・・。AIどころか複数のカメラで自動判定可能、必要なのは両軍入り乱れての乱闘時くらい、それだって審判は必要なのか?必要なのは警備スタッフなのでは?とのオチまでありました。

ちなみに羽田国際空港では、昨年からパスポートの写真と本人との顔認証がAIによってすでに行われていて、税関での通過時間が劇的に短くなっているようです。

これからは人口も減少に転じますし、AI他の有用性は言うに及ばずですが、「機械が自ら考えて動く・・」時代を実際に迎えますと、ほんのチョッピリだけ映画ターミネーターの世界を危惧してしまいます・・


事務部長 宮本 浩義