最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2018年 04月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1
2 3 4 5 6
7
8
9 10 11 12 13
14
15
16 17 18 19 20
21
22
23 24 25 26 27
28
29
30

カテゴリー

「カジノ法案」

投稿日時:2018年4月10日 14:48 火曜日

カジノ法案は正式には、統合型リゾート(IR)整備推進法案と言うらしい。
うーん、IRの言葉が加わると何だか今風?の感じもするが長いし、まあカジノ法案と呼ぶことにしよう。

カジノを数ヵ所作り、観光客を集めて経済の活性化を図ろう・・ということらしい。
確かに誘致した地域の経済は潤うかも知れない。

ただ、現在日本はギャンブル(パチンコ、競馬、競輪ほか)での依存症が問題になっているので、カジノに対しての ギャンブル依存症対策 にも国は注力したと聞いている。
その結果が、カジノ通いを抑制するために入場料を高額?の6,000円に設定、入場は1週間に3回まで、かつ1ヶ月単位では10回までに制限するという・・。

一部の高収入の方々は別として、普通のサラリーマンが6,000円の入場料を払って週に3回もカジノへ、または月に10回カジノへ(もちろん、賭けるお金も必要)・・これはすでにギャンブル依存症を黙認しているようなものではないだろうか?

カジノへ行くのは個人の自由だとしても更に理解しがたいのは、肝心の入場時の本人確認を、莫大な税金を注ぎ込んで(今のところ)あまり機能していないと思われるマイナンバーカードを使い・・「カジノ管理委員会」なるものがチェックしていく・・らしい。このカジノ委員会やチェックシステム導入にまたまたどこまでお金(税金?)を注ぎ込むつもりなのだろうか・・。

マイナンバーカードはカジノの入場チェックなどではなく、例えば一人の患者さんが複数の医療機関を受診して重複投薬されることを防ぐために・・であるとか、せめて無駄なお金を省くための統一カードのような役割を果たすのであれば嬉しいが・・。


事務部長 宮本 浩義

「昨日は平成30年の入職式でした」

投稿日時:2018年4月3日 16:04 火曜日

昨日は平成30年度の入職式でした。
研修医3名、看護部35名および事務・コメディカル14名の52名のみなさんに辞令交付を行いました。
4月らしくフレッシュな雰囲気になります。
それぞれの分野でプロフェッショナルを目指して、ご活躍ください。







院長 奥山 淳

「和泉市立総合医療センター」

投稿日時:2018年3月27日 08:11 火曜日

みなさん、こんにちは。
看護部長の松野です。
3月25日に全国経営戦略セミナーへ出席したあとに、4月1日開院予定の大阪府にある和泉市立総合医療センターに寄ってきました。
とてもコンパクトで機能的な病院です!




全国の徳洲会グループからのお花が飾ってありました。




看護部長 松野 玉枝

「第4次産業革命」

投稿日時:2018年3月20日 17:21 火曜日

先週、市内のセミナーで竹中平蔵氏の少し固いテーマの講演を聞いてきました。
正直、睡魔との戦いになるのではと思っていましたが、世界レベルでみた日本経済はどうなのか?から始まり、その後も大変興味深い内容で、久しぶりにメモまでとっていました。

80分もの講演をご説明するのは難しいのですが、やはりこれからは、AI・ロボット(ドローン含む)・IOT・ビッグデータ(の活用)・シェアリングエコノミーを核とした第4次産業革命とも言うべき時代を迎えるだろう・・とのことでした。

AIとロボットの更なる発達により、現在の職業の40数%が近いうちに無くなるだろうとの考察もあるようです。
お子さんにも分かりやすい例として、プロ野球の審判は今すぐに無くなっても不思議はない・・。AIどころか複数のカメラで自動判定可能、必要なのは両軍入り乱れての乱闘時くらい、それだって審判は必要なのか?必要なのは警備スタッフなのでは?とのオチまでありました。

ちなみに羽田国際空港では、昨年からパスポートの写真と本人との顔認証がAIによってすでに行われていて、税関での通過時間が劇的に短くなっているようです。

これからは人口も減少に転じますし、AI他の有用性は言うに及ばずですが、「機械が自ら考えて動く・・」時代を実際に迎えますと、ほんのチョッピリだけ映画ターミネーターの世界を危惧してしまいます・・


事務部長 宮本 浩義

「シェイプ・オブ・ウォーター」

投稿日時:2018年3月13日 11:17 火曜日

「シェイプ・オブ・ウォーター」は、今年のアカデミー賞では最多の13部門にノミネートされ、作品、監督、美術、音楽の4部門を受賞しました。

個人的には、今までアカデミー賞作品で気に入ったものは少なかったのですが、「シェイプ・オブ・ウォーター」はとても良い作品でした。
1960年代の冷戦時代と主人公と半魚人の恋が美しくノスタルジックに描かれ、展開もテンポよく全く退屈せずに観ることができました。

主人公のサリー・ホーキンスは赤い帽子をかぶった子熊の「パディントン」が一緒に暮らすファミリーの優しいお母さん役とのギャップがいい感じです。

今年のおすすめの1つです。


院長 奥山 淳