最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2017年 11月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3
4
5
6 7 8 9 10
11
12
13 14 15 16 17
18
19
20 21 22
23
24
25
26
27 28 29 30

カテゴリー

「外傷センター10周年」

投稿日時:2017年11月14日 11:18 火曜日

11日は当院の外傷センターの10周年記念式典を開催しました。

1部は当院の上田先生と辻先生による講演会、2部は祝賀会でした。当日は138名の皆さんに参加していただきました。

この10年間、ご尽力・ご支援していただきありがとうございました。次の20周年に向けてますます進化・発展していきたいと思います。




















院長 奥山 淳

「DiNQLのワークショップに出席して来ました!」

投稿日時:2017年11月7日 14:41 火曜日

みなさん、こんにちは。
看護部長の松野です。
10月31日 東京会場で開催された看護部長・副部長向けワークショップに出席して来ました。
北は北海道から、南は熊本まで、150病院170名の参加者が一同に集まり、労働と看護の質評価事業(DiNQL)の重要性についてディスカッションしました。
これまた、写真を撮ることを忘れてしまい、当日のレジュメを載せます。
どうしても、写真を撮る習慣がないので…(~_~;)



看護部長 松野 玉枝

「咳や くしゃみ」

投稿日時:2017年10月31日 16:26 火曜日

咳(くしゃみ)をする時、皆さんはどうされていますか?
まわりの方の迷惑にならないように、片手か両手で口元を覆うようにしてされていませんか?

先日テレビを見ていますと、アメリカではどうしているのか・・街頭で何人もの方々に質問をしていました。すると質問された全ての皆さんが腕の肘のあたりを口元に運び、そこで ゴホンゴホン(はくしょん) です。
肘の内側で受け止める感じです。イメージが伝わりますでしょうか?
逆に日本のやり方を見てもらうと、不潔ですね・・と皆さん驚かれていました。

アメリカの方々は握手をする機会が多いからなのか、昔から手指からの感染?についてきちんと考えられていたのか?
ちなみに肘で咳(くしゃみ)を受けるサポーター?(マスク?)のようなものまで市販されていて驚きました。

これからの季節、特に手洗いは大切ですね。


事務部長 宮本 浩義

医師臨床研修マッチング

投稿日時:2017年10月24日 11:17 火曜日

先週、来年度の初期研修医を対象とした日本医師臨床研修マッチングプログラムの結果が発表され、当院は定員3名に対し3名がマッチしました。5年ぶりのフルマッチが達成され(2012年は定員2名に対し2名)、また3名以上のマッチングはなんと9年ぶり(2008年は定員6名に対し4名)のことでした。

今年は、「研修医ファースト」を合言葉に、気持ちよく研修のできる病院を目指し、職員一同、取り組んでまいりました。早速の朗報が届き、たいへんうれしく思います。

これからも引き続き研修医の働きやすい環境を整え、多くの若手医師を育成してきたいと思っています。


院長 奥山 淳

「看護学会に出席して来ました!」

投稿日時:2017年10月17日 11:35 火曜日

みなさん、こんにちは。
看護部長の松野です。

10月12日~13日札幌コンベンションセンターで開催された、第48回日本看護学会看護管理学術集会に出席して来ました。
12日は演題発表、13日は口演の座長、と活躍して来ましたよ!(笑)
当日の写真を撮れなかったので、抄録集と名札...の写真を載せます(しょぼくてすみません...)




全国から集まったたくさんの看護職、ともに学んだ認定看護管理者と会えて、とても有意義な学会でした。来年も頑張ります!!!


看護部長 松野 玉枝