最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2018年 07月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1
2 3 4 5 6
7
8
9 10 11 12 13
14
15
16
17 18 19 20
21
22
23 24 25 26 27
28
29
30 31

カテゴリー

「日本病院学会」

投稿日時:2018年7月10日 08:48 火曜日

みなさん、こんにちは。
看護部長の松野です。

6月28日29日金沢市で開催された日本病院学会に出席し、e-ポスターで演題を発表してまいりました。
「電子カルテ用音声入力システムを使用した看護記録時間の変化」という内容で、みなさん興味津々の様子でした。

「発表しています(真剣!)」


「小松空港の名物とパチリ」




看護部長 松野 玉枝

「70年・・」

投稿日時:2018年7月3日 11:04 火曜日

70年・・・決して健康寿命の話しではありません。

先日ニュースを見ていましたら、原子力発電に伴う東海村の東海再処理施設が廃止されることになったようです。(施設の概要は割愛させていただきます)

廃止の決定は良いとして、その費用に1兆円が投入される見込み(多分増額確実?)、更に憂慮されるのは、廃止(解体)作業完了までになんと70年もの年月がかかる計画であることです・・(ただの?1施設に)。

福島第一原発事故の後処理も未だはかどっていないように思っています。
多分まだ20~30年はかかるでしょう。
それに対して1再処理施設の廃止解体作業に70年もかかるとは・・・

原子力発電関係の施設は、作る(稼働する)のは簡単だけれど、廃炉や廃止がいかに困難な作業なのかがわかります。現代の技術を持ってしても、実はまだ手に負えない代物なのではないか・・とさえ思わざるを得ません。

取り上げられることは少ないですが、過去に東海村では東海村JCO臨界事故という非常に痛ましい事故も起きています。福井県では、夢の原子炉ともてはやされていた高速増殖炉「もんじゅ」も全く役に立たないまま廃炉の運命を辿りつつあります。(もんじゅという名称もどうかと思っていましたが・・)

次の何らかの原子力発電施設の名称は「叡智」・・とでも命名されるのでしょうか?


事務部長 宮本 浩義

「夏本番」

投稿日時:2018年6月26日 12:02 火曜日

昨日は昼過ぎまで東京にいました。

午前中から気温が30℃以上もあり、ジャケットも着ていられないくらいの暑さで、半袖で過ごしていました。
夕方、札幌に戻って来たら14℃で、涼しいよりも寒い感じでびっくりしました。

今週は太平洋高気圧が週の後半には東北地方まで勢力を拡大してくるみたいで、週末は札幌も暑くなるようです。もう7月ですものね。



院長 奥山 淳

「新入職者研修」

投稿日時:2018年6月19日 10:25 火曜日

みなさん、こんにちは。
看護部長の松野です。
本日は、6月6日に行われた教育委員会主催新入職者研修の様子を紹介します。


「吸引!!」



「口腔ケア!(楽しそう)」




看護部長 松野 玉枝

「YOSAKOIソーラン祭り」

投稿日時:2018年6月12日 11:27 火曜日

YOSAKOIソーラン祭りが終わりました。
先週末は少し肌寒いくらいの天候でしたが、皆さんご覧になりましたでしょうか?

大賞は「夢想漣えさし」さんが受賞されました。
(うーん、漢字が読みづらい・・)
私は高校卒業まで枝幸町近隣の小さな町で育ちましたので、枝幸という町からの出場での大賞受賞は本当にすごいことだと思います。

次のイベントは大通りのビアガーデンでしょうか?


事務部長 宮本 浩義