最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2018年 01月  
SunMonTueWedThuFriSat
1
2 3 4 5
6
7
8
9 10 11 12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29 30 31

カテゴリー

「白髪」 倉田 佳明

投稿日時:2018年1月15日 09:02 月曜日

私は学生時代から白髪がありました。いわゆる若白髪です。たいして多くもなかったので全く気にしていなかったのですが、20代後半、30代になるにつれ、徐々に白髪は増えていきました。特に横の部分の白髪が多く、目立つようになってきました。

35歳頃だったでしょうか。さすがに気になったので、試しに白髪染めをしてみました。思ったよりも自然な感じで違和感なく、自分としては気に入りました。周りは気付かなかったのか、それとも気付いていたけども気を遣っていたのか、何も言われなかったので、とぼけて染め続けました。

見た目は確かに良いのですが、髪を切る度に染めるのは結構面倒ですし、頭皮に悪い気もします。しかし一旦染めると、やめるタイミングは難しいのです。髪を切った時に染めないと、見た目変ですし(自分で変だと思っているだけなのでしょうが)。

そんな状態で数年過ごしたある時、妻の「いい加減やめたら?」で、染めるのをやめました。最初こそ違和感がありましたがすぐに慣れ、今では「ロマンスグレー(古っ)」を自負して堂々としています。

が、しかし… 今度は「子供のことを考えて、染めた方がいいんじゃない?」と妻が言い始めました。おじいちゃんみたいだと、子供が馬鹿にされるかも知れない、と。やめろと言ったり、染めろと言ったり、何だかなぁと思いますが、妻はともかく、子供に言われたら、また染めてしまうかも知れません。会った時に黒髪になっていても、髪のことには触れずに、そっとしておいて下さい。

投稿者:外傷センター長 倉田 佳明

「おひとり様」 小笠原 卓

投稿日時:2018年1月9日 09:01 火曜日

僕は一人で食事をすることが苦手である。おひとり様で外食に行こうとすると、たとえ好きな物を食べていても、何となく寂しくなってしまう。喫茶店で小一時間、時間を潰すだけで一苦労だ。コーヒーを頼みゆっくり楽しめればよいのに、周りの視線が気になるというか、「あの人“ぼっち”みたい」と言われているような気がして楽しめなくなる。ついつい時間をしきりに気にするような芝居をしたり、「あいつ遅いなぁ」なんて(待ち人もいないのに)つぶやいてしまったりする。
 しかしその一方で、一人で気ままに好きな食事やお酒を楽しみたいという強い欲求もある。集団で食事をする時は、往々にして自分の望まない店に連れられて行くことがある。こういうのは精神上よくない。年齢も40に近づいてきたことだし、そろそろ「おひとり様でも外食を楽しめるようになりたい」と、ふと思い始めた次第である。
 というわけで、まずは自分がどのレベルの「おひとり様」に耐えられるのかを客観的に把握する必要があると判断し、自分の中で“ぼっちレベル”を設定した。これは自分の個人体験に基づいた独断と偏見による評価方法であり、一般の人々が感じる「お一人様」を想定したものではないのであしからず。“ぼっちレベル”は以下のように5段階に分けられる。
 
 “ぼっちレベル1”:ラーメン屋に一人で入る事ができる。
 “ぼっちレベル2”:喫茶店やパスタなどの比較的おしゃれな店に一人で入る事ができる。
 “ぼっちレベル3”:焼き肉店、鍋物の店に一人で入る事ができる。
 “ぼっちレベル4”:飲み屋やカップルの多い店に一人で入る事ができる。
 “ぼっちレベル5”:あらゆる店に一人で入り、楽しめる。

 ラーメン屋はこの評価法のとっかかりである。週末コツコツと「1人ラーメン」の場数をこなしたため、ぼっちレベル1は既に到達済みだ。ただ悲しいのは「知らない店に入りづらい性格のため、店がなかなか増えない」ことだけだ。大丈夫、今後どんどん増えて行くだろう。多分。喫茶店は、現在かなりソワソワするものの、大丈夫、これも入れる。クリアだ。焼き肉は…昔、肉に飢えていた20代は食欲に負けて一人でも入れたが、今はダメだ。「1人焼き肉」は今の自分には厳然たる壁であり、他人の目を気にせずにはいられない。しばらく「1人焼き肉」はしていない。
 …とすると、現在の自分はレベル2止まりか。せめて3は欲しいところ。
 レベル4、5は実は現在の自分の理想を記載したものである。カップルの目も気にせず、自分の好きなお酒を時には飲みたいという願望である。レベル5は今の自分にとっては、神レベルである。レベル4との違いは、「一人で楽しめる」という事。レベル5に到達している人は自分の人生を十分に満喫し、自分の内面の自由を豊かに発揮できる人だと思う。どうすればなれますかねぇ?

 自分の中で“他人と過ごしたい欲求”と“自分の好きなように過ごしたい欲求”の間で相剋する心理状態があることを見つけたため、日常の場面に照らし合わせて、少しだけ記述してみた。

投稿者:小児科医師 小笠原 卓