最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「白髪」 倉田 佳明

投稿日時:2018年1月15日 09:02 月曜日

私は学生時代から白髪がありました。いわゆる若白髪です。たいして多くもなかったので全く気にしていなかったのですが、20代後半、30代になるにつれ、徐々に白髪は増えていきました。特に横の部分の白髪が多く、目立つようになってきました。

35歳頃だったでしょうか。さすがに気になったので、試しに白髪染めをしてみました。思ったよりも自然な感じで違和感なく、自分としては気に入りました。周りは気付かなかったのか、それとも気付いていたけども気を遣っていたのか、何も言われなかったので、とぼけて染め続けました。

見た目は確かに良いのですが、髪を切る度に染めるのは結構面倒ですし、頭皮に悪い気もします。しかし一旦染めると、やめるタイミングは難しいのです。髪を切った時に染めないと、見た目変ですし(自分で変だと思っているだけなのでしょうが)。

そんな状態で数年過ごしたある時、妻の「いい加減やめたら?」で、染めるのをやめました。最初こそ違和感がありましたがすぐに慣れ、今では「ロマンスグレー(古っ)」を自負して堂々としています。

が、しかし… 今度は「子供のことを考えて、染めた方がいいんじゃない?」と妻が言い始めました。おじいちゃんみたいだと、子供が馬鹿にされるかも知れない、と。やめろと言ったり、染めろと言ったり、何だかなぁと思いますが、妻はともかく、子供に言われたら、また染めてしまうかも知れません。会った時に黒髪になっていても、髪のことには触れずに、そっとしておいて下さい。

投稿者:外傷センター長 倉田 佳明