最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「小谷アンディです」 代筆 小谷裕美

投稿日時:2017年8月29日 17:23 火曜日

ボクは、小谷家のアンディと言います。ミニチュアダックスフントという種類だそうです。ただし、生まれつきミニチュアというには大きめの体のようです。
本名は、LAKE LEGEND JP'S BE AMBITIOUS (レイク レジェンド ジェイピーズ ビー アンビシアウス)といいますが、今までこの名前で呼ばれたことはありません。この夏、日本ハムファイターズは「HOKKAIDO be ANBITUIOUS」で頑張っていましたが、ボクの親戚ではありません。生まれは、2001年7月10日に兵庫県の芦屋というところで生まれ、1ヶ月くらいで旭川に引っ越し、サロマに住んでいた小谷家の養子となりました。






そのあと、2003年に札幌へ引っ越し。仮住まいだったので、ボクの居間の壁には汚れやキズ防止のシートがはってあり、他の部屋への自由な行き来ができない、不自由なところでした。ただし、近所の豊平川の河原に連れて行ってくれたときは、自由に走り回ることができました。






そして、いま住んでいる家に引っ越してきて、もう10年以上になります。家を建てる時に、居間の階段下にボク専用の部屋を作ってくれたので、そこを寝室にしています。
先日16歳になりました。人間でいうと80歳だそうです。毎日夕方には散歩に行くのですが、最近、長時間の散歩は少し体力的にきついです。テレビ前には、昼寝に最適な簡易ハウス(コストコとかいうところでもらってきたらしいです)が設置してあり、普段はここで家族の様子を見ながらくつろいでいます。もう一ヶ所、窓の下の暖房前にも休憩所がつくってあります。






さて、今日も一日、食べて、寝て、散歩して、寝よう。

投稿者:副院長 小谷 裕美

「The 5th annual meeting of Asian organization for Crohn’s and colitis(第5回アジア炎症性腸疾患学術集会)に参加して」 折居史佳

投稿日時:2017年8月14日 08:16 月曜日

本年6月16・17日に韓国・ソウルで開催されました第5回アジア炎症性腸疾患学術集会に参加して参りました。この学会は日本・韓国・中国が中心となり、アジアの炎症性腸疾患(IBD)の臨床・教育・研究に関する活動を行う組織です。第1回目の学術集会は2013年に東京で開催され、その後、年1回の集会を行っています。

今回の学術集会は3つの会場で、講演が約90題、ポスター発表が約350題ありました。韓国、中国、日本のほか、台湾、インド、トルコ、タイ、マレーシア、フィリピン、ロシア、からの発表もありました。

日本もそうですが、アジア各国でもIBDの患者さんが増えており、治療法、検査法などの発表、また、チーム医療についてのセッションもありました。

私は2014年の学術集会に続いて2回目の参加となり、当院での炎症性腸疾患における偽膜性大腸炎の合併についてのポスター発表をしてきました。日本からも多くの若い先生が発表されており、とても刺激を受けて帰って参りました。日本から発信したことが他国で生かされることがあれば良いなとも思いましたし、なによりも、自国の患者様によりよい医療を提供できるようひきつづき努めて行きたいと決意を新たにいたしました。

(学会場の写真)




(2015年安倍首相が訪韓した際に食事をしたというお店で、カルビチム定食を食べました)




(ラインフレンズストアでお土産を購入)


投稿者:IBDセンター部長 折居史佳

「クロアチア」 佐藤 和生

投稿日時:2017年8月7日 17:14 月曜日

昨年
セミナーで
クロアチアに行ってきました

街はきれいだし
物価は安いし
食べ物はおいしいし
治安もよいし
いいところでした



投稿者:外傷センター医師 佐藤 和生