最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「いびきのない 安心で良質な睡眠を」 後平 泰信

投稿日時:2017年7月31日 16:21 月曜日

いびきや眠気でお悩みの方はいませんか?人生の1/3は睡眠で、生きていく上で欠くことはできません。特に日本人は先進国の中でも睡眠時間が短く、睡眠の質が重要ですが、この質が妨げられる病気が「睡眠時無呼吸症候群」です。

いびきをかく人の約5割、日本に約500万人の患者様がおります。太った方や顎が小さい方に多く、寝ると舌が喉を塞ぐことで起こります。眠りが浅くなり日中の眠気や集中力の低下を招くほか、心筋梗塞や脳卒中、高血圧などの危険性が増します。また、これらの病気がある方が睡眠時無呼吸症候群をお持ちのことも多いのです。それから、睡眠時無呼吸症候群が原因で交通事故を起こす確率が約7倍に増えてしまいます。ご自身、家族や相手の命を守るためにも、疑いがあればきちんと検査、治療をすることが大切です。
 
睡眠時無呼吸症候群かどうかを調べる方法は、まずご自宅に小型の機械を持ち帰っていただき、簡単な検査をします。疑わしい場合には1泊入院による精密検査をすることで診断することができます。睡眠時無呼吸症候群の治療では、最も効果的な方法に「CPAP(シーパップ)」療法があります。鼻に装着したマスクから空気を送り込み、気道を広げる治療法で、国内でもすでに約40万人の方がこ
の治療を受けられています。CPAP治療を行うといびきや無呼吸が無くなり、眠気や疲れが取れ、さまざまな病気の予防にもなりま
す。そのほか、口にはめるマウスピースによる治療も選択することができます。
 
安心で質の高い睡眠のために、睡眠時無呼吸症候群の治療を行うこと、またそれ以外にも睡眠全般に関する日常生活の注意点、寝具なども含めた睡眠環境に関するアドバイスも受けられますので、何か睡眠に関してお悩みの方がいらっしゃれば、我慢せずに専門家に相談をすることが大切です。

投稿者:循環器内科医師 後平 泰信