最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2017年 05月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3
4
5
6
7
8 9 10 11 12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29 30 31

カテゴリー

「アクアリウムのススメ」 小笠原 卓

投稿日時:2017年5月30日 08:16 火曜日

相変わらず生き物と共存する生活を送っている…。

昨年の春はカナヘビを2匹越冬させられず失ってしまった。その失意も癒えぬまま、日々をなんとなく過ごしていたとき、昨年7月に大通公園の祭りで子ども達が金魚を6匹すくってきた(正確にはオマケでもらってきた)。お祭りの金魚と言えば“すぐ天に召される”生き物の代表である。僕は帰宅した子どもそっちのけで、すぐさま初心者用の水槽を買い、手厚く飼うことにした。
幸いこの金魚達は、生命力もあったためか、たどたどしい初心者の水質管理を物ともせず、たくましく生き延びた。そして今、6匹全て体長8〜10cm程まで巨大化し、水槽内の水草を食い荒らし、一部の金魚に関しては、餌をやれば、餌だけでなくこちらの手を喰いちぎろうとするくらいに凶暴化している。多分もう屋台の金魚すくいの網ではすくえないだろう。

皆様にオススメしたいのは、このような荒々しい金魚ではなく、コリドラスという種類の淡水熱帯魚だ。初心者でも飼いやすく、最低限の水質と水温を確保すれば、金魚とも一緒に飼うことができる。生存性も高い。元々は金魚の飼育を第一に、近くのペットショップに足繁く通っていたが、次第に他の淡水魚に心を引かれるようになり(恐らくここまでがアクアリウム初心者のテンプレ)、最終的にコリドラスに心を奪われるようになったのだ。奥さんは呆れ顔でこう言う「いったいどっちをメインに飼っているの?」と。結局現在は、コリドラス・パレアタス(通称青コリ)2匹、コリドラス・ステルバイ3匹、コリドラス・ジュリー3匹に、金魚4匹(2匹は里子に出した)、ヒドジョウ2匹、スジシマドジョウ1匹、ミナミヌマエビ3匹が水槽の中で共存している。



上写真は (愛しの)コリドラス・ステルバイ
アクアリウムは奥が深い。昨年の7月の時点では水槽の種類さえも、一体何があるのかわからなかったのだが、今は、水槽の立ち上げ、濾過装置の種類・しくみ、水質・水温管理、水換えの頻度など一般的な淡水アクアリウムのやり方は会得した。ただし初心者だったため遠回りをしながら学習していき、よけいにお金がかかった。つい最近LEDライトを購入し水槽上部に装着した。夕食時は愛しの魚達がライトアップされ、竜宮城さながらの舞いを披露してくれる。その姿をみていると、浮き世の疲れが何となくとれる。

そしてふと、こう思う。「次はどの魚を増やそうかな…」と。

投稿者:小児科医師 小笠原 卓