最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2017年 03月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3
4
5
6 7 8 9 10
11
12
13 14 15 16 17
18
19
20
21 22 23 24
25
26
27 28 29 30 31

カテゴリー

「ランニングは身体にいい?悪い?」 金田 眞

投稿日時:2017年3月21日 08:07 火曜日

CK 14,342U/l
具合の悪そうな患者さんの血液検査をしてこの数字を見ると、間違いなく焦ります。
この数字は、自分自身が2015年のサロマ湖100kmウルトラマラソンを走った翌日に血液検査をした結果です。CKは筋肉が壊れたときに上昇しますが、正常値がせいぜい200くらいなのでとんでもなく高いことになります。

大学を卒業してからというもの全く運動せずに20年近くたっていましたが、2012年からランニングを始め、フルマラソンも何度か走っていたので100kmもきっと走れるだろうという根拠のない自信のもと、ウルトラマラソンにエントリーしたのでした。

朝5時にスタートし50kmくらいまでは大丈夫でしたが、後半の50kmは地獄で足が痛くて痛くていつ棄権しようか、と思いながら走ったのが忘れられません。13時間の制限時間ぎりぎりでなんとか完走はしましたが、ゴール後は歩くのもままならず、次の日は仕事をしたものの体調がいまいちで、血液検査をしたところこの数値でした。他には肝機能も悪化・・・。1週間後にはほぼ正常化しましたが、いかにウルトラマラソンが身体に負担がかかるかを証明したようでした。

これに懲りたはずだったのですが、のど元過ぎればなんとか・・・今年のサロマ、エントリーしてしまいました。定員が3550名で先着順なのですが、全国にはちょっとドMな人(?)が大勢いるため、いわゆる「クリック合戦」が繰り広げられます。ネットがなかなか繋がらずにエントリーできない人もおり、今年も申込み開始から30分足らずで定員に達しました。

全国各地で開催される人気のマラソン大会はすぐに定員に達します。東京マラソンはあまりに人気で競争率10倍をこえる抽選を突破しないと出場できません。健康維持、レース完走、ベストタイム更新など、目標はいろいろと思います。ランニングを日課としているかた、またこれから始めようと思っているかたにひとことだけ。

身体にいいのはある程度までのようです。

お前が言うなと言われそうですが、身の丈に合った距離、ペースで楽しく走りましょう!

投稿者:小児科医長 金田 眞