最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2017年 02月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3
4
5
6 7 8 9 10
11
12
13 14 15 16 17
18
19
20 21 22 23 24
25
26
27 28

カテゴリー

「冬の通勤」 宮城 登

投稿日時:2017年2月20日 11:06 月曜日

私は病院には地下鉄を利用して通勤しています。自宅から地下鉄駅までは徒歩10分位です。夏場はほんの散歩にもならない距離で問題はありませんが、冬になると度々難渋することがあります。今年の様に真冬日が続くと、歩道の雪はカチカチの氷となり、滑らないようにゆっくり歩く必要があります。

一応、歩道には滑り止めの砂が撒かれていますが、場所によってムラがあり、途切れているところがあるので常に足元を確認しながら歩くことを余儀なくされます。さらに、最大の難関は横断歩道です。発進時のタイヤの空転によって磨き上げられたミラーバーンは最も歩行に注意を払う場所と考えています。したがって、私は冬には歩行者信号が点滅を始めた場合には、その横断歩道には進入しないで停止し次の信号を待つことを信条としています。先日も、小走りで横断歩道に突入した学生が転倒したのを目撃したばかりです。

一方、気温が上昇すると雪はとけてザクザクの湿雪となり、所々に水たまりもでき、それもまた歩きにくいものです。地下鉄の運行は天候にかかわらず正確ですが、歩行速度の低下は否めません。その分、早めに家を出るようにしてはいますが、時に乗車予定の電車が発車するのを駅の階段から眺めていることになるのは楽しいことではありません。

投稿者:整形外科部長 宮城 登

「虫垂炎になってしまった」 片田 竜司

投稿日時:2017年2月13日 08:54 月曜日

つい先日、虫垂炎になってしまい、手術をするはめになってしまったので、そのときのことを書こうと思います。

数日前から、なんか体調がわるく、だんだん腹痛も強くなってきたので、詳しく検査してみたら、なんと虫垂炎でした。虫垂炎はそんなに珍しい病気ではなく、誰もがなる可能性はあるので虫垂炎になったとしても、なんら不思議ではないのですが、いざ自分がなってみると、「まさか自分が」との思いが強く、なんかはずれくじを引いたような気分でした。

考えてみれば、生まれてこれまで大きな病気もしてこなかったので、「本格的」に病院にお世話になるのは、初めてのことで、よく知っている内科の先生の診察に始まり、造影CT検査、麻酔、手術など初めてのことだらけで、麻酔から覚めるときの寝起きと少し違った妙な感覚とか、術後の大変さとか、患者さんの気持ちが少しは理解できた気がします。わたしの場合、腹腔鏡手術だったので、術創はおへそに小さな傷があるだけなのですが、術後はこれがけっこう痛くて、腹筋を使う動作がつらく、咳やくしゃみなんかしようものなら最悪です。また、今回の経過中、食事がほとんどとれなくなってしまったことで低栄養になってしまったらしく、血液データに思いがけない異常値がでてしまいました。まあ、よくいわれることですが、今回いろいろ経験してはじめて健康であることののありがたさが思い知らされました。それにしても虫垂なんてほんの10センチ足らずの、しかも消化にはほとんど関与しない、どうでもいいオマケみたいな臓器のくせに、ここまで体調をくずされるとはおそるべしです。

その後は、順調に回復し数日の入院ののち、今は元気に仕事に復帰できています。お世話になった先生方、病院スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

投稿者:放射線科部長 片田 竜司

「肺癌学会に参加して」 伊藤 喜代春

投稿日時:2017年2月6日 08:51 月曜日

昨年の暮れにひさしぶりに、肺癌学会に出席する機会があった。

開催地が、北九州の博多でもあり、20年以上ぶりでもあり、楽しみでもあった。12月の19日から21日まで開催されが、寒い北海道と違い北九州は、心地よい暖かさで観光地にも行きたい気分になったが、そうも行かず、ホテルに向かった。そのホテルは、その当時、新聞、テレビでにぎわした駅前どおりに面した地下街が崩落した場所にあった。何か不安な感じがしたが、滞在時は、何もおこらず、一安心した。

ここ十数年程は、肺癌患者さんの診断には関わってきたが、呼吸器科一人になってからは、治療には関与せず、ほとんどの患者さんを北海道がんセンターに紹介している。その故、肺癌治療の最先端の診断、治療がどこまで進んでいるのか、興味津々であった。

近年の肺癌治療は、画期的な展開をみせている。従来の抗癌剤と違って分子生物的薬剤としてイレッサが開発されて以来の薬剤である。免疫チェックポイント阻害であるオプジーボである。この薬剤は、最初は、皮膚癌(メラノーマ)の治療薬として1995年に開発されたが、その後、肺癌、腎臓癌に適応を広げている.治療効果は、従来の抗癌剤と比較すると5年生存率は、20%程、高くかなりの治療効果がみこめる。しかし、数回投与して完治するわけでは無い。2週間に1回点滴するが、患者さんが亡くなるまで治療を継続する。最近は、胃癌の治験も始められているようだ。

この薬剤は、従来の抗癌剤と違って正常細胞を破壊すること無く、癌細胞のみを破壊する。その作用機序は、かなり複雑である。重篤な副作用としては、間質性肺炎があるが、慎重に投与すれば、致命的な問題は避けられるようだ。
問題は、この薬剤が、高価格であることである。オブチーボは、100mg73万円で体重60キログラムの患者さんが、1年間使うと薬剤費は、約3500万円になる。オポジーボは、やがてやってくる超高額薬時代の入り口にすぎない。将来、社会保障費の高額薬剤の比率が上がってくると国民皆保険制度が、崩壊することにもなりかねない。

投稿者:内科医師 伊藤 喜代春