最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2010年 04月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3
4
5 6 7 8 9
10
11
12 13 14 15 16
17
18
19 20 21 22 23
24
25
26 27 28
29
30

カテゴリー

当院初期研修終了生からの手紙

投稿日時:2010年4月7日 16:27 水曜日

今年は福井で小児科医として働きます。
地域医療を担う能力を得るには専門医の近くで学んだ方がいいですしね。
同じ目線で話すなんて目標はありませんが。
地域の中小規模病院で救急をやるには何が必要なのかを考えていきます。

結局のところは「協調性」ですね、全職員の。そして長くかかることもわかりました。
切羽詰ったところですぐに感情的になる指導医はよくない。余裕が無いのがわかってしまいますし、不満も周囲の雰囲気を悪くします。

どうですか、そちらは。

理念は大事ですが、それをかざさないで周囲を惹きつけることができるようになると、よく回るのが面白いところ。人間力?

救急は浅く広く。専門性を持つのはときに危険なことがあることを、専門医には一生わかってもらえないのがつらいところ。

そちらで働いていた先生に以前、「どんなに救急を頑張っても自己満足でだれも評価なんかしてくれない、そのために専門医になり学問を追求して学会発表するんだ、そうして周りから認めてもらえる」と言われたことはショックでした。10年くらいそちらでもみてきたひとに、地域医療の大切さって?あまり周囲に認められたい感情のない自分には目から鱗の瞬間でしたが、たしかに一理あり?
冷静に受け止めつつも、どちらが自分の中で大事か考えていきたいと思います。
答えはわかっていますが。

ずっと救急をやっていると、あきて疲れてくるので、すこし気分転換も必要なこの頃。
自分の生活との両立を。

新しいロールモデルから学ぶことは多くあります。
地域の病院にも立派な人はたくさんいます。

自分の子供をみながら学ぶことが出来るのは幸せです。
疲れて帰ってもがんばれます。
以前、岡山で指導医によくいわれました。
頑張った瞬間を大事にしていきたいと思います。

福井は都会と違い、娯楽はほとんどというほどありませんが、学ぶにはいい環境です。
頑張りすぎないのも大事かと。

お体に気をつけて。



kei