最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

当院初期研修終了生からの手紙

投稿日時:2010年9月9日 16:33 木曜日

ご無沙汰しております。皆さんはいかがお過ごしでしょうか?お世話になっていた時期に比べ、様々な変化があったことでしょうが、忙しい毎日が続いているのは変わらないことと思います。

私は、初期研修の2年間を貴院で過ごさせていただいた後に、精神科医として働き始め精神科医としては今年で5年目になります。現在は、神奈川県内の単科の精神科病院に勤務しています。元々、精神科医を志していた私は、精神科医になる前に、身体に起きる疾患への対処をなるべくたくさん経験できる環境に身を置きたいという思いで、貴院での研修を希望しました。予想通りと言いますか、多忙ですが充実した日々を過ごし、当直明けの屋上での一服は「今日もがんばったなぁ」という思いに浸ることができ大好きな時間でした。上級医やベテランスタッフからの疲労困憊した中での指導も、今となっては甘酸っぱい思い出であり、現在も日々の臨床の中で血となり肉となり生きています。

初期研修を終え、満を持して新たな環境で始めた精神科医としての生活は、決して期待していた程の充実感や達成感を与えてくれるものではありませんでした。身体的な労働量は圧倒的に研修医時代のほうが多いのですが、患者さんの持っている苦痛はその場の一回の診察や薬物療法で改善されることはまず稀であり、提供するサービス(精神療法など)が確固として統一された基準にのっとったものではないことから(そこも好きで選んだのですが…)、自分の発する言葉や自分の見立てが患者さんに与える影響や、患者さんから要求されたことに応じないのは自分が怠惰だからではないのか等々、二度目の思春期のように悩みまくってしまいました。

今にして思えば、自分にとっての仕事とは何か?や、人生とは何か?といったことについて、きちんと考えたことが無かったという自分自身の問題であったように思われます。考えたことが無かった故の、我武者羅さといったものは失われてしまったような気はしますが、少しずつざわついていた気持ちは落ち着いてきているように感じています。

医師になって自分としては、まだ7年という気持ちでいましたが、まだ7年目の医者にも当然後輩ができます。貴院でいただいた諸先輩方の指導を自分なりに咀嚼し、後輩達に伝えていくことが出来ればと思う今日この頃です。

いつもは独創性に富んだ発言ですぐに理解できないことが多かった先代の院長のことばで、「(手術が難航した際に)腹をくくって、一晩でも続ける覚悟をしろ」といった内容のお話をされたのが胸に残り、「ここ覚悟かな」などと精神科医になった今でも時々思い出しています。

みなさん、くれぐれもお身体には気をつけて。いつの日かゆっくりお話しできる日が来ることを楽しみにしながら筆を置かせていただきます。それでは。