最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

当院初期研修終了生からの手紙

投稿日時:2010年9月28日 09: 火曜日

大変ご無沙汰いたしております。近況報告、思い出話含め、お便りさせて頂きます。

まずはじめに正直申しまして、この初期研修終了生からの便り、楽しみに読ませて頂いております。 自分の先輩後輩同期とは中々連絡も取れないため、それぞれがいまどこで何をしているのか、うかがい知ることができます。ありがとうございます。便りを読み、どなたか分からない方も 何人かおられます・・・。

さて、私は大学卒業後すぐに札幌徳洲会病院に入職(入隊)し、いわゆる2年間のスーパーローテート 研修を終え、「循環器内科」を将来の専攻と決断しました。現在はとある心臓専門病院へ勤務しております。 大学医局には属しておりません。現在働いている病院は「心臓血管系」の専門病院であり、「小児循環器」 「不整脈」以外は緊急症例、準緊急症例、待機的症例ともにそれなりに多く、貴重な経験ができていると 思っております。しかし、単科の病院なので、不便な点が多いのもまた事実ではあります。

今は、夜間当直していても、レントゲン一枚のために基本的には当番の放射線技師さんを院外呼び出し しなければなりません。血液検査にしても、結果が出るまで何時間…。という環境です。日中でも夜間でも いつでも緊急検査ができる徳洲会のシステムは患者さんにとって非常に素晴らしいものだと再認識しました。

そしてその「いつでも緊急検査ができる環境」になれていた私にとって、このゆっくりの-しかし世間では普通であろう-システムに慣れるのに時間がかかりました。今では、再び徳洲会病院のレジデント当直をしてみたいとさえ思う今日この頃です。救急車が同時に何台も来る…そしてWalk in患者さんも待っている…あの刺激的かつ濃厚な生活をしてみたい衝動にかられることがあります。ちょっと機嫌の悪そうな上の先生に 症例の相談をするのがとても大好きでした。典型的「M」なのでしょうか。 それは冗談にしても、たとえメタボになろうとも体のキレがなくなろうとも「情熱」のあるうちは「救急」のある病院で働きたいと思っています。

お話かわって・・・ 僕の初期研修同期は自分を含め、7人いました。皆同時に3,4日に一回の当直から始まり、2年間終了後に病院に残った者、他施設へ羽ばたいた者それぞれでした。同じ道に進んだものは誰一人おりません。我々の原点はやはり札幌徳洲会病院にありきです。私は10年、20年先も、どこかで白衣を着、聴診器をクルクル回していると思います。

心は熱く!頭はクールに!技術と愛のある医師になっている事を誓います。

それでは。