最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2009年 06月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5
6
7
8 9 10 11 12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29 30

カテゴリー

NO TITLE

投稿日時:2009年6月30日 16:16 火曜日

私が旭川医大を卒業し、旭川医大放射線科に入局したのは1995年です。放射線診断学という学問と旭川医大放射線科の医局、両方に魅力、未来を感じて、この道を選択しました。とはいえ、旭川医大放射線科は他科に比べて小さな講座で、医局員も非常に少なく、いわゆる関連病院もなく、自分自身の将来にまったく不安がなかったわけではありません。どのようにして放射線科医としてスキルアップしキャリアを積んでいくのか、どうすれば他の診療科の先生あるいは一般病院から必要とされる放射線科医になれるのか、そんなことばかり考えていたように思います。当時の放射線科の研修システムは、最初の1年間で、診断部門6ヶ月、核医学部門3ヶ月、放射線治療部門3ヶ月、2年目は自分の専門分野の研修とおおまかなスケジュールはあったものの、とくに研修目標、到達目標などは設定されず、その分、興味をもったことや将来必要になるであろう知識や技術などをある程度自分のペースで自由に学べる環境でした。今振り返って思うと、ノルマ達成やレポート提出が苦手な私にとってこのスタイルの研修は自分に合っていたように思われます。そんな中で、教授・医局長にお願いして2年目の研修のうち3ヶ月間は、麻酔科で研修させていただきました。いわゆる呼吸・循環管理の初歩を学ぶのが目的でしたが、それだけではなく、手術場に入って、自分たちが診断してきたCTやMRIなどの所見が実際にはどのような肉眼形態をしているのかを目の当たりにすることかでき、その後の画像診断・読影に際してもイメージが付けやすくなり、非常に貴重な経験になりました。また、まったく異なる診療科での研修は、その科の知識が得られただけでなく、自分が所属している放射線科あるいは放射線診断学を外部から見直すいい機会でもありました。
それから十数年が経過して、いつのまにか自分が指導する立場になり、そのなかでレジデントの先生から画像に関する質問を受けることがあります。一枚の画像を穴があくほどながめて、一つ一つの所見から一生懸命答えを導き出そうとするその姿は、日々の日常業務に追われて、つい忘れがちな画像診断の基本中の基本を思い起こさせてくれます。何年経験を積んで知識が増えても基本だけは忘れないよう、レジデントの先生をみては、そう思います。

投稿者:放射線科部長 片田 竜司

NO TITLE

投稿日時:2009年6月16日 16:15 火曜日

現在のような研修医制度がなく、同期の大多数が大学医局に所属していく中、耳鼻咽喉科を志望していた私は母校の医局に入局しました。医者の象徴的な小道具の1つ?である額帯鏡を駆使、専門医でしか所見をとれない場所を扱う特殊性、内科的な治療から一般的な外科的治療まで、さらには顕微鏡を使う細かいものから、骨を削るような手術まで行う多様性、1人の患者に最初から最後まで関わることが多いこと、などに惹かれていたからです。同世代の先生と同様、ほぼ毎日遅くまで、雑用を含めた診療業務に追われる日々でした。そんな日々の中、先輩から診療や手術のコツを教わり成長していくのが当たり前の世界でしたし、実際に額帯鏡を用いて見たいところに光を入れ、そこから所見をとるのは大変なことでしたので、不満はほとんどなく、早く世の役に立ちたいという思いの方が強かった記憶があります。最近は、学生や研修医の先生に、過保護とも思えるくらいに手厚い教育プログラム、教育スキルが用意され、随分時代が変わったなぁと違和感を憶えることも多々あります。研修環境が整うのは悪いことではないと思いますが、時代、環境、分野を超越して大切なものは、やはり本人のモチベーションと自主性、努力に尽きると思います。現在の研修医制度の是非はともかく、札幌徳洲会病院研修医の先生は、モチベーションが高く、優秀で素晴らしいと感じています。多くの症例をある程度責任感を持って経験する中で、力がついていくのでしょう。多忙な臨床の中、なかなか難しいかと思いますが、自分の経験した貴重な症例を何らかの形で残し、評価を仰ぐ癖をつけるといいかもしれません。何事も最初が肝心ですので…。最後に、もし万が一、耳鼻咽喉科に密かなる興味を持っている方がいましたら相談にのります。

投稿者:耳鼻咽喉科部長 安部 裕介

NO TITLE

投稿日時:2009年6月10日 16:13 水曜日

私が研修医の頃に、鏡視下手術が一般病院でも行われるようになってきた。 当時は、まだ鏡視下手術に対するいわゆる教科書はあまりなく、情報や文献 集めに苦労した覚えがある。 また当時のスタッフは、厳しく教科書や文献を読んだ知識をもっていないと 質問にも答えてくれない。「教科書に載っているから・・・」が答えであり 自分で探すしかない。 情報の少ない鏡視下手術の事についてでさえこうなのだから、一般的手術や 術後管理等については、当然のこどく答えてもらえなかった。 しかしながら、この繰り返しにより除々にではあるが、スタッフのカンファ レンスの内容が理解でき、参加できるようになったので、とてもよい経験で あったと思っている。
では、現在自分がスタッフの立場でどうかというと、どうも簡単に質問に答 えすぎている(私の思う答えであり、医学的答えではないが・・・)のでは と思ってしまう。 教えることも大切だが、独自で考えてもらうことも必要な事だと、この文章 を書きながら反省した次第である。

投稿者:整形外科医長 大西 勉