最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2009年 06月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5
6
7
8 9 10 11 12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29 30

カテゴリー

NO TITLE

投稿日時:2009年6月16日 16:15 火曜日

現在のような研修医制度がなく、同期の大多数が大学医局に所属していく中、耳鼻咽喉科を志望していた私は母校の医局に入局しました。医者の象徴的な小道具の1つ?である額帯鏡を駆使、専門医でしか所見をとれない場所を扱う特殊性、内科的な治療から一般的な外科的治療まで、さらには顕微鏡を使う細かいものから、骨を削るような手術まで行う多様性、1人の患者に最初から最後まで関わることが多いこと、などに惹かれていたからです。同世代の先生と同様、ほぼ毎日遅くまで、雑用を含めた診療業務に追われる日々でした。そんな日々の中、先輩から診療や手術のコツを教わり成長していくのが当たり前の世界でしたし、実際に額帯鏡を用いて見たいところに光を入れ、そこから所見をとるのは大変なことでしたので、不満はほとんどなく、早く世の役に立ちたいという思いの方が強かった記憶があります。最近は、学生や研修医の先生に、過保護とも思えるくらいに手厚い教育プログラム、教育スキルが用意され、随分時代が変わったなぁと違和感を憶えることも多々あります。研修環境が整うのは悪いことではないと思いますが、時代、環境、分野を超越して大切なものは、やはり本人のモチベーションと自主性、努力に尽きると思います。現在の研修医制度の是非はともかく、札幌徳洲会病院研修医の先生は、モチベーションが高く、優秀で素晴らしいと感じています。多くの症例をある程度責任感を持って経験する中で、力がついていくのでしょう。多忙な臨床の中、なかなか難しいかと思いますが、自分の経験した貴重な症例を何らかの形で残し、評価を仰ぐ癖をつけるといいかもしれません。何事も最初が肝心ですので…。最後に、もし万が一、耳鼻咽喉科に密かなる興味を持っている方がいましたら相談にのります。

投稿者:耳鼻咽喉科部長 安部 裕介