最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2009年 04月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3
4
5
6 7 8 9 10
11
12
13 14 15 16 17
18
19
20 21 22 23 24
25
26
27 28
29
30

カテゴリー

NO TITLE

投稿日時:2009年4月13日 16:09 月曜日

1989年(平成元年)に北海道大学医学部を卒業し、北大麻酔科に入局しました。Neuroscience に興味があったので、麻酔科以外では、脳神経外科や精神科も卒後の志望先に考えましたが、On とOff が比較的はっきりしている麻酔科を選択しました。
1年目は北大病院で研修をしました。当時は手術件数が今よりも少なく、また、入局者も多く、比較的平穏な日々でした。週休2日で、当直や待機はなく、週末は飲みに行ったり、遊びに行ったり楽しく研修させていただきました。
2年目は市立札幌病院で研修しました。麻酔科医5人の中で一番下だったのでいろいろやらせてもらい、また症例が豊富でとてもためになりました。麻酔科待機はしましたが、レジデントは当直があたりませんでした。当直は、ときどき老人病院のアルバイトをしたくらいでした。当時の病院はSTVの隣にあり、街の中で、外食や買い物には不自由しませんでした。他科のレジデントもたくさんいて、よく学びよく遊び、楽しい研修医時代でした。
当院に赴任したとき、現在の臨床研修制度の先駆け的なスパーローテートの研修システムおよびよく働くレジデントに感心しました。

投稿者:麻酔科部長 奥山 淳