最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2018年 05月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3
4
5
6
7 8 9 10 11
12
13
14 15 16 17 18
19
20
21 22 23 24 25
26
27
28 29 30 31

カテゴリー

「将棋観戦とAI, IA?」 久野 健二郎

投稿日時:2018年5月7日 09:35 月曜日

小学3年生ぐらいで将棋を覚え、しばらくは家庭内や友達とかなりの対局をしておりました。初めは思いつくままに駒を進め一時間で何局も指していたものも、次第に指し手が遅くなり一局に時間がかかる様になった中学生ぐらいからは飽きっぽさから熱も冷め、今の棋力はさっぱりです。

当時の将棋情報は月刊や季刊の雑誌か日曜のNHK番組が専らでした。その後に週間の将棋新聞が発刊され(2016年で休刊とのこと)タイムリーな情報が新鮮でした。

一昨年にとあるプロ棋士が対局中に将棋ソフトを不正使用しているのではとの疑惑からタイトル戦参加停止、後に冤罪として将棋連盟が謝罪するという混乱があり、どうなってしまうのかと思われた将棋界ですが、昨年は中学生棋士である藤井聡太現六段による驚異の29連勝と羽生善治永世七冠の誕生で世間の注目は大きく回復したと思われます。

最近はインターネットでのリアルタイムな中継に加え、注目の対局では場合によっては複数のプロ棋士が登場して状況の分析解説が行われており、より楽しい時代になって来ました。

加えてここ最近の盛り上がりに大きな役目を果たしているのが、AI(artificial intelligence:人工知能)による状況分析であるかと思います。
昨年には将棋ソフトが現名人に2連勝しました。その将棋ソフトも新開発されたソフトには全く歯が立たない状態とのこと。いろいろな考えや想いはあるでしょうが恐らくほとんどの、と言いますかたぶん全ての人類より既にAIの方が強い時代になっているという考えが大勢を占めるかと思います。
現在はAIがリアルタイムで現状を数値化して評価したり、予想される指し手を示したりします。将棋の変化はすこぶる多いのですが、答えが決まる最終盤などは一瞬で数十手数もの勝ちへの道筋を表し、まさに人間業ではありません。

ただし、かなりの確率で最善もしくは有効な指し手を示すであるコンピューターの思考結果をみるだけでは、アマチュアレベルの人では多くの人がそれほど楽しめないのではないかと推察します。凄い正解だとしても、どのくらい凄いのかがやはり、プロ棋士による解説がないと感じることができないのです。
「こんな手、人間は刺せませんよ」と解説された手を藤井六段や羽生竜王がスッと指してしまった時は、私の頭の中でどよめきが沸き起こり、最高に面白い瞬間です。今までになかった観戦スタイルになってきたかと感じております。

AIの発達は将棋に限らず、様々な世界、医療の世界にも加速度的に大きな関わりを持つことは間違いありませんが、なんだかAI対人間みたいな構図で示される事が多いかと思います。しかしながら、しばらくの間は知性や知能を人工的に置き換えるものではなくて、アシストして増幅するもの、Intelligence Assistance や Intelligence Augmentation であればより楽しいかなと考えております。


(第76期将棋名人戦七番勝負 第二局 佐藤天彦名人 対 羽生善治竜王 の解説をちらちら眺めながら、、、)

投稿者:麻酔科部長 久野 健二郎