最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「小谷アンディです」 代筆 小谷裕美

投稿日時:2017年8月29日 17:23 火曜日

ボクは、小谷家のアンディと言います。ミニチュアダックスフントという種類だそうです。ただし、生まれつきミニチュアというには大きめの体のようです。
本名は、LAKE LEGEND JP'S BE AMBITIOUS (レイク レジェンド ジェイピーズ ビー アンビシアウス)といいますが、今までこの名前で呼ばれたことはありません。この夏、日本ハムファイターズは「HOKKAIDO be ANBITUIOUS」で頑張っていましたが、ボクの親戚ではありません。生まれは、2001年7月10日に兵庫県の芦屋というところで生まれ、1ヶ月くらいで旭川に引っ越し、サロマに住んでいた小谷家の養子となりました。






そのあと、2003年に札幌へ引っ越し。仮住まいだったので、ボクの居間の壁には汚れやキズ防止のシートがはってあり、他の部屋への自由な行き来ができない、不自由なところでした。ただし、近所の豊平川の河原に連れて行ってくれたときは、自由に走り回ることができました。






そして、いま住んでいる家に引っ越してきて、もう10年以上になります。家を建てる時に、居間の階段下にボク専用の部屋を作ってくれたので、そこを寝室にしています。
先日16歳になりました。人間でいうと80歳だそうです。毎日夕方には散歩に行くのですが、最近、長時間の散歩は少し体力的にきついです。テレビ前には、昼寝に最適な簡易ハウス(コストコとかいうところでもらってきたらしいです)が設置してあり、普段はここで家族の様子を見ながらくつろいでいます。もう一ヶ所、窓の下の暖房前にも休憩所がつくってあります。






さて、今日も一日、食べて、寝て、散歩して、寝よう。

投稿者:副院長 小谷 裕美