最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2018年 06月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1
2
3
4 5 6 7 8
9
10
11 12 13 14 15
16
17
18 19 20 21 22
23
24
25 26 27 28 29
30

カテゴリー

「大食い家系 〜蛙の子は蛙〜」 遠藤 香織

投稿日時:2018年6月11日 10:25 月曜日

我が家は全員そろって大食いで、エンゲル係数は非常に高いです。

今も私はBMIが低いわけではないのですが、乳児の頃は更にひどく、完全母乳なのに体重が+2SD(平均と比較し、非常に太っている指標)になり、母が慌ててスイミングに通わせて、やっとすっきりした体型になったそうです。

第一子の4歳児は乳児の頃に体重が+2SDでぷっくりしています。2018年1月に第二子が生まれ、また体重が+2SDになってしまいました。私も基本的には母乳育児なので、何が乳児の体重を増加させているのかわかりませんが、自分に含まれる遺伝子は乳児期に体重増加をもたらすようです。

自分のダイエットもかねて、子ども達とスイミングに行くことにしていますが、やはりスイミングをすると体型がすっきりしてきて、第一子はやっと+1SDになりました。「この垂れたほっぺはいつ無くなるんだろう??」とはらはらしています。

今年は第一子が幼稚園、第二子が保育園デビューし、二人とも風邪を引き、早々と私もうつされて、健康管理に気をつけています。

最近、農家の息子という配食サービスにはまり、1食400kcalで塩分控えめ、管理栄養士さんが作った美味しい料理を息子と平日の毎夕食で食べています。お母さんの手料理は・・・というと、土日だけ手料理の手抜きママです。
しかし、気づくとお腹が鳴っている自分や、炊飯器を開けてご飯を食べてる子どもや、口をパクパクしてミルクをねだる赤ちゃんの様子を見ていると、我が家は質よりもたくさん食べる方が重要なのかな?と、悩んでしまいます。

皆様も体重管理にはくれぐれも気をつけて、変形性関節症の予防に気をつけましょう!


投稿者:整形外科医長 遠藤 香織