最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2018年 04月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1
2 3 4 5 6
7
8
9 10 11 12 13
14
15
16 17 18 19 20
21
22
23 24 25 26 27
28
29
30

カテゴリー

「5年日記」 片田 竜司

投稿日時:2018年4月23日 08:44 月曜日

ここ数年、物事がなかなか覚えられず、せっかく覚えてもすぐ忘れてしまう(思い出せない)。歳のせいとはいえ、なんともやるせない気分になる。

脳の老化防止にいいのでは、という思い込みと妻のすすめで、2年前から5年日記なるものをはじめてみた。日記や作文が大の苦手だったので、最初のうちは苦労の連続だったが、なんとかここまで一日も欠かさず続けることができた。今年で3年目に突入し、われながら感心である。とはいっても、書いている内容はだいたい決まってきて、その日の出来事、天気のこと、家族のこと、仕事のことなど・・

ここで5年日記について簡単に説明をすると、あらかじめ5年分の日付が入った分厚い手帳といったところで、1ページが五段に分かれていて、同じページに5年分の同じ日の出来事を書く様式になっている。つまり、今日の出来事を書く欄の上の段には、昨年の同日の出来事が、さらに上の段には一昨年の同じ日の、といった感じである。

3年目ともなるとこれを読み返すのが意外と面白くて、そういえば去年はこんな事があったなぁとか、あれからもう2年も経ったのか、などその日の出来事を書きつつ、上段の日記を読み直すと時々結構ツボにはまることもある。
先日の休みの日は、「午前はキャポの割引券をもらいに行って、昼は娘とサイゼリアでランチ、ワインを少し飲んで、いい気分。夕食は家族で手巻き。日本酒を少し飲み過ぎた。」ふと上段をみると、去年も全く同じパターンで、やっぱり飲み過ぎている!!もしかしたら日記を書くのも悪くないかもしれないが、休みの日の行動パターンにもっとバリエーションをもたせたり、酒の量を減らしたほうが、脳にはよっぽどいいのでは、と思う今日この頃である。

投稿者:放射線科部長 片田 竜司