最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

私の胃カメラ事始め  佐藤 康永

投稿日時:2018年1月29日 11: 月曜日

私が初めて胃カメラの検査を見学したのは,平成2年医学部5年生のときの臨床実習のときでした.モニターに映し出される綺麗な消化管の画像に感動し,亡父が消化器外科医であったことと写真好きということが影響したのか,平成4年6月母校の大学病院消化器内科に入局しました.

実際に,胃カメラを始めるようになったのは,初期研修期間が間もなく終わろうとする
平成5年12月のことでした.当然のことながら最初から上手に検査などを行えるはずは
なく,まずは内視鏡検査練習用消化管モデルを使い,先輩方より内視鏡検査の手ほどきを受け日中の仕事終了後に内視鏡室で練習するという日々を送っていました.

<内視鏡検査練習用消化管モデル>
箱の中に胃が入っているということで研修医の間では『箱胃(はこい)』と呼んでいました.


(高研社ホームページより引用,一部改変)

それから,約1ケ月後・・・初めての胃カメラを行うことになりました.患者さんによっては『内視鏡は苦しい』と言われて敬遠されるような方もいる訳ですから,当時研修していた大学病院では,(胃カメラを)患者さんに行う前に研修医同士がお互い検査を行い,その苦しさを共有するといったことが行われていました.私のpartnerは,大学入学時から同期だったX先生であり,まずは私が被験者(内視鏡を受ける立場)…胃カメラは通常であれば数分で終わるのが普通ですが,1時間程度かかり当日は空気でおなかが一杯になり食事もノドを通らなかったのを今でもはっきり覚えています.翌週,私が検査する側となり被験者はX 先生でした.初めて胃カメラを手にして過緊張状態,『箱胃』で充分練習したはずなのに『箱胃』では生じることのない蠕動を初めて目の当たりにして内視鏡が思うように進められない…検査が終わった頃には,やはり時計の長針が一周していました.

早いものであれから24年.現在では週に15件程度の胃カメラを行わせて頂いています.
未熟であった私をスキルアップさせて頂いた各病院のスタッフの方々には心より感謝申し上げます.


投稿者:消化器内科医長 佐藤 康永