最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2017年 05月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2
3
4
5
6
7
8 9 10 11 12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29 30 31

カテゴリー

「勧誘」 東 直樹

投稿日時:2017年5月17日 09:15 水曜日

通常、体調の悪い緊急性のある患者さんは午前中に来院することが多い。平日の午後の外来は午前中と異なり、悩ましい主訴を持つ患者さんが少なくない。以前勤めていた市立M病院のことである。

「体がだるいのです」と40歳代の女性。
「今日、朝から○○病院、××病院、・・に受診してきたのですが、改善しないのです。」
「○○病院、××病院、・・と市内&市外7か所の病院にかかってきたのですか?」
「そうです」
「(物理的に無理だ!)問診で、T症でないと思ったが、精神科に行ってくれるかな・・?」
「眠れますか?」
「眠れませんので、睡眠剤をほしいです」
「なら、睡眠剤処方のプロの精神科に相談するとよいですよ」
「そうですか?」
「紹介状を書いておきますので、受診してください」
2週間後、「紹介状の返事を持ってきました。」返事にはやはりT症であり、今後当科でフォローアップしますとのこと。
「調子はどうですか?」
「よくなりました」と笑顔で返事をしている。
「薬が合ってよかったですね。今後は精神科のM先生に診てもらってくさい」と笑顔で終診となった。悩める患者さんがいて、このようなことを数回繰り返していた。

ある日、市立M病院の医局全体の歓送迎会で、座った席の周りにたまたま(?)精神科の医師たちが座っていた。当時精神科の医師は市立M病院分院にあり、分院に往診に行かなければ医局全体の歓送迎会でしか会うことはない。
「東先生こんにちは」
「こんにちはM先生。いつもお世話になっております」
「こちらこそ、いつも紹介をいただきありがとうございます」と満面の笑顔である。
「ああ、あの噂の東先生ですが、いつも紹介をいただきありがとうございます」と精神科のY部長が満面の笑顔で、「こういう機会がなければ会えませんね」
(噂の?)
「噂とは?」
「最近、分院の医局で、一人では、なかなか精神科外来の受診のハードルが高く、受診してもお話ししてくれなかったり、再び来なかったりすることが少なくないのです」
「そんなものですか?」
「家族や親族に連れられてくる人が多いのですが、一人で受診する人が多くないのです」
「へえー。そうなんですか」
「東先生から紹介される人は、緊張しないで素直にお話してくれるので助かるとお聞きしています。」と満面の笑顔でY部長が答える。
「先生の話し方が上手だと思われます」(なんか褒められている?)
「ところで、うち(精神科)に来ませんか?」
「え?」
「うちの同門でも、札幌医大内科から転向した先生がいますので・・・」
(あながち冗談と思えない・・?)
「うちの同門のS先生のことですか?」
「知り合いですか?」
「先輩です」
「SLEの精神症状が出た患者さんの時は、内科的にも精神科的にもコントロールが不可能だったので、大変苦労しお世話になりました。」とY部長が満面の笑顔で答える。
「ところで、うち(精神科)に来ませんか?東先生はセンスがある。」と周りの精神科の先生は微笑み返しをしている」
「胃カメラのできる精神科医もいいですよ」と冗談には聞こえない・・?
「機会があれば・・?」と言葉を濁す。
「待ってますよ」と言われて別れた。

後日、上司のK副院長にこのように言われたことを話してみたら、
「おまえは担がられているんだよ。騙されているんだ。それとも転向するのか?精神科はよっぽど、人がいないのかなー」と一笑されてしまいました。
「いえ・・・?」
しばらく、夢にも出たのだが・・・?瞑想していると思い出すことがある。
「あれはどういう意味だったのだろう??」

投稿者:消化器内科部長 東 直樹

「オペ場詩人」 長尾 知哉

投稿日時:2017年5月8日 09:25 月曜日

「酒場詩人(厳密には俳人であり詩人ではないのだが)」吉田類の会に行った。わたしは酒をほとんど飲めないし、飲まないので会場でもウーロン茶オンリーである。400人くらいの人がメシ食って、吉田類と乾杯するだけの会である。それだけでは本当にグダグダなので、最近はある市町村の食材でコースが振舞われ、その地にちなんだ俳句コンテストが行われている。

その日のテーマは平取町、俳句のお題は「平取町」、「トマト」であった。ゆっくりと考えればよいと思っていたが臨時手術でオペ場(業界では手術室のことをこう呼ぶ)に呼ばれた。俳句どころではなくなってしまった。

手術は終わり句を考えるも平取とトマトがピンと来ない。あわててネットで平取町のページを開く。日高にある人口5000人程度の町。沙流川が町に注ぎ二風谷はアイヌ文化の拠点。スズランが群生する幌尻岳。寛政11年創建の義経神社。源義経が奥州から北方へ逃れたとされる義経伝説の地が平取である。義経はこの北の地で風に吹かれるスズランを眺めなにを想ったか。などなど「ネット吟行」をしていたら、義経のまとう緋縅は「ニシパの恋人」で有名な真っ赤に熟れたトマトの色そのものだった。

締め切りぎりぎり投句し吉田類と乾杯。会の終わりはいよいよ結果発表。奇をてらった句から思わずうなる句まで優秀作が発表されていく。サイン本からホテルの食事券まで賞品もさまざま。そしていよいよ最優秀作。

義経の 緋色まといし トマトかな

酒場詩人とオペ場詩人がパークホテルのステージで邂逅したところで会はお開きとなった。

投稿者:外科医長 長尾 知哉

「バイリンガル」 松井 裕帝

投稿日時:2017年4月25日 18:58 火曜日

以前からずっと,語学力を身に付けたいと思っており,色々試しては挫折を繰り返していたのですが,最近Podcastの『バイリンガルニュース』という番組を聴いて学んで?います.

この番組は日本人の女性(マミさん)と日米ハーフの男性(Michaelさん)が様々なジャンルの時事ネタ(政治,環境問題,宇宙,医療,etc.)を紹介(マミさんが日本語で,Michaelさんが英語でそれぞれ記事をスピーチしてくれます.)し,それに対するコメントを二人が英語または日本語でコメントするといった番組です.リスナーの中には爆笑問題のお二人や,今をときめく最先端の研究者やタレントさんもいらっしゃるとか!!

自分の英語リスニング能力が低いため,なかなか聞き取れないことも多いのですが,医療系ネタは単語がいくらかわかることもあり,割と聞き取れたり,内容が理解できることが多い気がします.他のジャンルはなかなか聞き取れず,悔しい気持ちがするのですが,割と飽きっぽい自分が半年以上も継続してほぼ毎日聞いています.日課のような感じになっています.

英語の勉強もさることながら,いろんなジャンルのネタを日本人目線ではなく,欧米人目線で紹介してくれるため,日本の政治的なネタも違った感じで聞くことが出来てなかなか楽しくなってきたような気がします.

バイリンガルというと,日本語と英語など2カ国語を完璧に使いこなしているような人達と考えがちですが,番組内でも日常会話が何とか出来ることで十分と彼らに言われると,何だかとても敷居が低くなった気がしてきます.勝手に英語を完璧にはさせなければ喋ってはいけないなどと,敷居を高くして自分を苦しめていたようです.自分のおイマイチ文法の英語も機会があれば,積極的に話してみないとね!と思う今日この頃です.

投稿者:外傷センター医長 松井 裕帝

「お産難民」 名和 正行

投稿日時:2017年4月10日 17:58 月曜日

この原稿の締め切り間近だが、ここ2週間ほど分娩が多く毎晩の様に泊まり込んでおり、特に面白いネタも考えつかない。近隣の同業者が閉鎖した影響だろうか最近の忙しさは初めての経験だ。

地方で「お産難民」が問題化して久しいが、大都市でも他人事ではなくなってきている気がする。安全最優先でがんばろう。

投稿者:産婦人科医長 名和 正行

「ランニングは身体にいい?悪い?」 金田 眞

投稿日時:2017年3月21日 08:07 火曜日

CK 14,342U/l
具合の悪そうな患者さんの血液検査をしてこの数字を見ると、間違いなく焦ります。
この数字は、自分自身が2015年のサロマ湖100kmウルトラマラソンを走った翌日に血液検査をした結果です。CKは筋肉が壊れたときに上昇しますが、正常値がせいぜい200くらいなのでとんでもなく高いことになります。

大学を卒業してからというもの全く運動せずに20年近くたっていましたが、2012年からランニングを始め、フルマラソンも何度か走っていたので100kmもきっと走れるだろうという根拠のない自信のもと、ウルトラマラソンにエントリーしたのでした。

朝5時にスタートし50kmくらいまでは大丈夫でしたが、後半の50kmは地獄で足が痛くて痛くていつ棄権しようか、と思いながら走ったのが忘れられません。13時間の制限時間ぎりぎりでなんとか完走はしましたが、ゴール後は歩くのもままならず、次の日は仕事をしたものの体調がいまいちで、血液検査をしたところこの数値でした。他には肝機能も悪化・・・。1週間後にはほぼ正常化しましたが、いかにウルトラマラソンが身体に負担がかかるかを証明したようでした。

これに懲りたはずだったのですが、のど元過ぎればなんとか・・・今年のサロマ、エントリーしてしまいました。定員が3550名で先着順なのですが、全国にはちょっとドMな人(?)が大勢いるため、いわゆる「クリック合戦」が繰り広げられます。ネットがなかなか繋がらずにエントリーできない人もおり、今年も申込み開始から30分足らずで定員に達しました。

全国各地で開催される人気のマラソン大会はすぐに定員に達します。東京マラソンはあまりに人気で競争率10倍をこえる抽選を突破しないと出場できません。健康維持、レース完走、ベストタイム更新など、目標はいろいろと思います。ランニングを日課としているかた、またこれから始めようと思っているかたにひとことだけ。

身体にいいのはある程度までのようです。

お前が言うなと言われそうですが、身の丈に合った距離、ペースで楽しく走りましょう!

投稿者:小児科医長 金田 眞