最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2018年 10月 次の記事へ
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5
6
7
8
9 10 11 12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29 30 31

カテゴリー

「ソツ啄(そったく)の機」小野寺 康博

投稿日時:2018年10月22日 08:44 月曜日

ソツ(口偏に卒業の卒と言う字が私のコンピュータには無い):雛が殻の内側から殻を破ろうとして鳴き始めた音や様を言うらしい。

啄:親鶏が殻の外からつついて孵化させようとする時の音や様を言うらしい。
「逃してはならないチャンス」のことを言うらしい。元々は禅宗の用語らしい。
「ソツ啄の機」なんて滅多には無い代物とつい考えてしまう。
私もつい最近まではそう考えていた。

でも、もう還暦を過ぎてしばらく経つと、本当にそんなんでいいんだろうか?と思うようになって来た。

「逃してはならないチャンス」というものの捉え方が実はとても重要なのではないかのかなとつらつら考えるようになって、ふと「そんなの毎日そこら中にあるのではないのか?」と思うようになった。
なにげなく過ごしている日常の中で、ハッと気付いたら漫然とテレビの前に座ってリモコンで番組を切り替えながら時間単位の貴重な時が流れ去っていることに臍を噛んでしまったりする。

ついこの間に新年を迎えたばかりで、雪もようやく融けて新しい草の匂いに浮き浮きし、段々日が長くなって来たなあと新緑の木々の香りの中でなんとなく嬉しい気持ちで帰途についたり、今年の夏は結構暑いなあと夜中も窓を開けっ放しで寝ていたと思ったら、札幌では珍しい強い地震で車庫が開かなくなり、なんだか今年は強い台風が多いなあと思って新聞を見たり、テレビを観たりして北海道には来ないで欲しいなあなんて思っていたら、「あれ、もう来年の年賀ハガキを申し込む時期がそろそろ来るなあ」とあまりの時間の経過の速さに唖然とする始末。

動体視力が衰えて来ているのか、貴重な機会が目の前を通り過ぎていることにすら気付かないでいるような気がしてならない。

なんのための「逃してはならないチャンス」なんだかも捉えきれていない自分に傍観者でいる気分になることがある。
「人生百年時代」とは誰が言い出したのか知らないが、このままうかうかしていると仮に百年生きていたとして、「あっ」と言う間の時間の流れの中で、いつのまにかAIで動く自動運転の「乗り物」の中で自分がどこへ行こうとしているかふっと忘れてしまって外を呑気に眺めている高齢者を想像してしまいそうな気がして、そんな流れに抗う白髪の浦島太郎を夢想してしまうことがある。

流れに身を任せるというのも一法ではあると考えるが、どこに辿り着きたいのかせめて目的地みたいなものがあるはずではないかと思案しつつ、流れの中でさりげなく方向舵を切って行けるようにと思い、筋トレをし、野菜をなるべく多く食らい、読書に勤しむようにと「心がけて」いる今日この頃である。

投稿者:副院長 総合内科・腎臓科部長 小野寺 康博