最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

前の月へ 2019年 04月  
SunMonTueWedThuFriSat
1 2 3 4 5
6
7
8 9 10 11 12
13
14
15 16 17 18 19
20
21
22 23 24 25 26
27
28
29
30

カテゴリー

「カメムシ」 倉田 佳明

投稿日時:2019年4月22日 09:15 月曜日

また今年も悩まされています。
いつの間にかいるんです、部屋の中に。カメムシが。

一番ひどいのは寒くなってきた秋ですが、暖かくなってきた春にも侵入してきます。我が家は森に面しており、そこからやって来るのだろうと思います。が、どこから入ってくるのか分かりません。多い時には1日に10匹ほど退治します。何とか侵入を阻止できないでしょうか。

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」 孫子

ということで、調べてみました。

カメムシとは、カメムシ目(半翅目)に属する昆虫の総称で、ストロー状の口で食物を吸い上げるようになっているのが特徴である。セミやアメンボ、タガメなどもカメムシ目に属する。人を不快にする、あるいは農業害虫としては、マルカメムシやクサギカメムシなどが挙げられるが、逆にハナカメムシなどは農業害虫を駆除してくれる、人にとって有益なカメムシである。

セミやアメンボもカメムシの仲間というのはちょっと驚きです。あと「良い」カメムシもいるんですね。うちに侵入してくるのは、クサギカメムシやスコットカメムシのようで、暖かい場所を好んで、秋や春に家の中に入ってくるとのことです。

駆除としては、発生源となる植物を伐採するのが良いようです。が、さすがに家の前の森を伐採するわけにはいきません。となると、やはり侵入を阻止する方法を考えなければなりませんが、どこから入ってきているのか分かりませんし、今までに忌避剤を試した感じでは、今ひとつでした。どなたか良い方法を知っていたら教えて頂きたいです。

仕方ないので毎日毎日、入ってきたカメムシを捕まえては外に逃がしています。ゴミ箱に捨てたりすると臭いですから。あ、捕まえる時は掃除機を使っていますが、吸った虫をペットボトルに分別してくれるアタッチメントをつけています。間違えても直接掃除機に吸い込んではいけません。その後掃除機を使うたびに、カメムシ臭が部屋中に広がることになります。

投稿者:外傷センター長 倉田 佳明