最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「思い出すことなど」 岡部 幸男

投稿日時:2016年12月7日 08:17 水曜日

私は本を読むことが好きで、絵本から児童書、古典、ライトノベル、近代小説まで様々なジャンルのものを読みます。就職するまでは沢山の本を読むことができましたが、働いているとなかなか読書の時間が取れない悩みを抱えています。他の読書好きの方も同じ悩みをお持ちだと思います。

在宅訪問を担当させて頂いていた20年ほど前、訪問させていただいた患者様と読書の話になり、「私も若い頃は本が好きだったけれど、仕事や子育て、夫の介護など、忙しくてなかなか時間が取れなかった。全て終わって思う存分、本が読めるようなったと思ったら、目は悪くなっているし、腰も痛いしで、結局読める状態ではなかった。若いうちに時間を作って、読むようにした方がいいですよ。」と助言を頂きました。

そして今、子育てが少し落ち着いて、以前よりは時間がつくれるようになりました。しかし、患者様に教えて頂いた通り、近眼と老眼で目は疲れるし、腰は痛いしで1時間以上の読書ができなくなってしまいました。毎回読書をするたびに、在宅訪問時に頂いた助言を思い出しながらも、短い時間でそれなりの読書を楽しんでいます。若い読書好きの皆さん、本を読むなら若いうちに沢山読みましょう。

投稿者:副薬局長 岡部 幸男