最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「『第九』の季節」 樋口 千恵

投稿日時:2016年12月14日 08:46 水曜日

今年もあと半月となり、例年通り忙しい日々を実感しています。そんな中、年末の日本の風物詩「第九」=ベートーヴェンの交響曲第9番の季節です。毎年12月、日本中どこかでほぼ毎日この曲が聴こえる計算になるそうです。
しかしこの年末の風物詩、わが国だけの現象のようです。

先日、念願だった札幌交響楽団の生の「第九」の演奏を聴いてきました。実は生で聴くのは今回が初めてで、過去を振り返ってみても1時間以上のこの長い曲をまともに聴いたことはなく、クラシック好きとしては劣等生だったと思います。

きっかけはこの夏、私の夢の1つ「札響の定期会員になること」が叶ったことです。
仕事を辞めてから実現するかと半ば諦めていましたが日程が私の予定と見事に一致し、毎月中島公園に通っています。その流れに便乗し第九を聴くことができました。歓喜の歌と言われる通り、聴き終わったあとの感激・感動といったら言葉になりません。これほどまでに元気になれる曲をなぜもっと早く聴かなかったのか後悔しました。

ここで私の夢が1つ追加…「いつか第九を歌いたい」
さすがにオーケストラと共演する合唱団は考えられませんが、この時期お風呂場で気持よく口ずさめるようになりたいと思いました。今の世の中ネット検索で簡単にドイツ語のカタカナ読みが出てきますね。来年に向けて頑張ります。

投稿者:資材課係長 樋口 千恵