最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「整理整頓」 吉原 奈穂子

投稿日時:2016年8月10日 13:30 水曜日

数年前から耳にする“断捨離”という言葉を聞くと、耳が痛くなります。
基本は“いつか使う・・のいつかはこない”です。

 元々、収集癖もあり、コンプリートするとか、大人買いとか大好きなので、片付くわけもありません。机を見ると性格が推察できるといいますが、私は“雑”です。一見キレイに片付いているようですが、自分しか物の位置を把握していないので、一緒に働いている人や家族には小言を言われ続けています。
  
 今までは、自分のスペースが多少あったので、家ではなんとかなっていましたが、今年2人目が生まれ、私のスペースに子供達の物が進出してくると、見て見ぬふりが出来なくなってきました。だからといって、長年培われてきた性格が、簡単に変わる訳もない!と豪語しながら、引越しを控えた我が家では、すこ~しづつ家族が寝静まった夜な夜な整理しています。片付け系の本を購入して、ポイントを勉強する時点でモノを増やしていますが、最近まで産休だったので、だいぶ捨てることができました。
モノの置き場が決まっていて、家族みんなが片付けることができる、いつ人がきてもいい部屋を目標に、引越し後は頑張ろうと思います。

 最終兵器は、40Lのごみ袋で、バンバン捨てられる机のキレイな後輩、いつ死んでもいいようにモノを持たないようにしている後輩、思い出の品も容赦なく捨てられる他部署の先輩、整理収納アドバイザーとして働いている友人に、引越し前後にアルバイトを依頼するか、他力本願を真剣に考えている今日この頃です。

投稿者:病歴管理室主任 吉原 奈穂子