最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2012年5月23日 08:04 水曜日

当院のブログに「コメディカルリレーエッセー」を執筆することになったのは、森院長の提案で、平成23年の新年早々宮本事務長から始まり、以後毎週水曜日に掲載するようになった。あれから17ヶ月の間、延べ70人の職員に、今の「札幌徳洲会病院の思い出」を綴ってもらったが、今週号を以って終る。
当院は昭和58年5月「栄通り18丁目」に産声を上げてから、今年で30年目の節目にあたり、来る7月1日には大谷地に「新築移転」する。
今思えば、私が徳田虎雄理事長とお会いして、入職が決まったのは忘れもしない平成15年6月、姫路市(高砂西部病院オープン)で開催された経営セミナー終了後の懇親会場であり、その時の鋭い眼孔と温かい手の感触を今でも覚えている。
御縁があったのか、その年の7月から札幌徳洲会病院の6代目の事務部長として入職させていただいた。
前任者の白井部長(故人)より引き継ぎ受けたことは、ただ一つ「早く病院用地を取得し新病院建築に漕ぎ着けれ」であった。
それからは、江端院長(現名誉院長)共々、土地探しのため、頻繁にあちこちへ足を運んだ。この間、新病院建設候補地は18ヶ所に上った。
徳田虎雄理事長は、当院が土地選定に難渋していることから、東京本部の服部局長(不動産担当)を派遣し、一週間泊まり込みで、札幌市内の土地を探し廻り応援してくれたことが、今では懐かしく思い出される。
建設候補地は最終的に札幌市有地が残り「一般競争入札」で当院が落札し、ようやく「公有財産売買契約」を結んだのは「平成20年10月8日」記念すべき日となったが、引き継を受けてから既に5年の時が流れた。
土地取得後は「新病院建築」に進んだが、これが二転三転し、設計者・施工業者が決まって「病院新築工事請負契約」を交わしたのは「22年10月16日」土地取得から2年も経過した。
それ以降は工事も何とか順調に進捗し、待望の新病院の引き渡し日(平成24年5月31日)が目前となり感無量である。
これからも徳洲会の哲学「生命だけは平等だ」の真理を追究し「患者さんがいい気持ち、いい顔で、帰られるような病院」になるため、自分が何をしたらいいのかよく考え一つひとつ実践していこうと思う。

投稿者:事務顧問 矢野 道夫