最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2012年5月2日 08:01 水曜日

平成13年4月に入職し合格が決まった時、上司から「新しく開院する帯広徳洲会病院に行ってもらうことになるかもしれない。」と言われ、いつ異動になるかビクビクしている日々でしたが、気付けば早12年札幌の地で働くことが出来ています。
当時、医事課には自分を入れて7名の新入職員がいました。アナログ時代の徳洲会病院は、今よりも遥かに忙かったように感じます。当直や、日々の業務に追われ、挫折しそうになることも多々ありましたが、同期と励ましあって頑張って乗り越えてきました。あの大変な日々を一緒に過ごし、苦楽を共にした同期職員は12年経った今でも、特別な存在です。そんな同期7名も今や半数以下となってしまい、非常に寂しい限りです。
しかし、感傷に浸っている場合ではありません。新病院開院まで、残すところあと2か月です。札幌徳洲会病院にとって、一番忙しい時期になることでしょう。移転後、病院が大きく生まれ変わるように、自分も少しでも大きく成長できるよう精進していきたいと思います。皆で頑張りましょう。

投稿者:医事課副主任 寺井 和也