最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2012年4月25日 08:01 水曜日

私もこの南郷18丁目という土地は就職するまで足を踏み入れたことがありませんでした。
札幌で生まれ、北区で育った私にとって白石区は全く未知な場所、誰かも似たようなことを書いてましたがススキノから南側へは国境を越えるぐらいの感覚でした。同じ札幌市内なのに、です。そんな閉塞的な私は当然札幌での就職を希望しており、市内の求人だけに絞った結果私は当院の面接を受けることにしました。当時地下にあった会議室での面接、ほぼ忘れていた記憶が蘇って来ると思いきや実際あまり思い出せません・・・。ですが、その後の合格内定通知に興奮したのは覚えてます。

 まず北区からの通勤方法としてバス・地下鉄を選びました。地下鉄乗車時間約30分、つい寝てしまい終点まで直行し駅員さんに起こされる・・・よくありました。次に中型二輪車を選択、天気予報と私の勘やよみが当たらず帰りは雨でズブ濡れ・・・しんどかった。次は四輪自動車を選択、冬の雪の影響で朝の大渋滞・・・いつもヒヤヒヤ。このようなエピソードがあった為仕事帰りに飲みに行った後よく職場徒歩圏内の先輩の家に泊めてもらいました。通勤でやや苦労していた私にとってその出来事はなんと言っても朝が楽!ではなくて、感謝の気持ちがとても大きく、とてもいい思い出となっております。
 そしてなんだかんだで職場付近にアパートを借り徒歩通勤(逆に遅刻ギリギリ)、2年後にはそこを離れ、今は別の区に住み再度マイカーで職場へ。

 思い出は通勤時の話ばかりですが、新病院への通勤時間が今よりも長くなってしまうので新たな苦悩が生まれそうです・・・。しかしながら移転に向けて気持ちは非常にワクワクしています。そして通勤時での思い出話もなんだか終われなさそうです。

投稿者:ME室副主任 木下 直樹

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2012年4月18日 09:45 水曜日

私事ですが昨年7月に結婚しました。結婚式は妻の実家のある岩手県盛岡市で行いました。
 札幌で生活しながらの、盛岡での結婚式の準備は多忙を極め、いよいよ最終準備に入った頃、私は腹痛に襲われ当院を受診しました。診断は大腸憩室炎。結婚式の1週間前です。抗生剤が処方され、おかゆやうどんなど消化に良いもののみ食べて良いという指示で、様子を見ていましたが、結婚式の5日前、仕事中に怠さを感じ体温を計ると39.0℃を超えていました。フラフラになりながら、その日出勤していた消化器外科の先生に相談し、入院となりました。人生初の入院で、しかも結婚式が間近に迫っている状況で非常に不安な気持ちが強かったですが、回診に来てくれた先生に「結婚式には絶対間に合うようにしよう、点滴を打ちながらでも(笑)」と励まされ、検温に来る看護師さんにも優しく接していただき、なんとか結婚式前日に退院できました。7kg体重が減っていました。
 そして盛岡で無事結婚式を挙げることができ、披露宴の食事も美味しく頂くことができました。結婚式翌日から再び4日間寝込み、新婚旅行には行けませんでしたが、結婚式がある意味一生の思い出になりました。
 消火器内科と外科の先生方、5階病棟の看護師さん方、そして長期休養中に頑張ってくれたリハビリの同僚スタッフには、本当に感謝しています。

投稿者:リハビリ室副主任 塙 健一

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2012年4月11日 08:04 水曜日

就職してはや11年。バスと地下鉄で通勤した徳洲会病院。就職するまで西区在住の自分は
豊平川を越えて出かけることがあまり無く、白石区の事はあまりにもしらなすぎる場所であり、徳洲会病院の事は全く知りませんでした。医療系の専門学校に通ってはいましたが、病院への就職はあまり考えてなく、卒業式を終えても就職が決まってない自分は、何も考えずに履歴書をだしていました。面接当日は病院の場所も解からず地下鉄の駅員さんに場所を教えてもらいたどり着く事ができ、そして運よく採用していただき、社会人としてのスタートを切ることになりました。実際に働いてみて徳洲会は系列病院をいくつも持ち、老人保健施設も運用している事を知ったのはしばらくたってからのことでした。
 仕事についてからは毎日へとへとになるまで仕事をし、病院と家の往復しか出来ない時期がしばらく続き、そのうちに事務の同期、先輩方と食事(お酒を飲み)にも行けるような時間もでき、そして研修医の先生方、パラメディカルの方々とも一生懸命仕事をし、一生懸命遊ぶ(お酒を飲む)という時期が続き、楽しい時間を過ごしているうちに最愛なる奥さん、長男、長女を授かることができました。今は子育てにへとへとですが、仕事、家庭を一番に考え、新病院になっても一生懸命に頑張りたいと思います。

投稿者:医事課副主任 藤橋 良平