最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2012年4月18日 09:45 水曜日

私事ですが昨年7月に結婚しました。結婚式は妻の実家のある岩手県盛岡市で行いました。
 札幌で生活しながらの、盛岡での結婚式の準備は多忙を極め、いよいよ最終準備に入った頃、私は腹痛に襲われ当院を受診しました。診断は大腸憩室炎。結婚式の1週間前です。抗生剤が処方され、おかゆやうどんなど消化に良いもののみ食べて良いという指示で、様子を見ていましたが、結婚式の5日前、仕事中に怠さを感じ体温を計ると39.0℃を超えていました。フラフラになりながら、その日出勤していた消化器外科の先生に相談し、入院となりました。人生初の入院で、しかも結婚式が間近に迫っている状況で非常に不安な気持ちが強かったですが、回診に来てくれた先生に「結婚式には絶対間に合うようにしよう、点滴を打ちながらでも(笑)」と励まされ、検温に来る看護師さんにも優しく接していただき、なんとか結婚式前日に退院できました。7kg体重が減っていました。
 そして盛岡で無事結婚式を挙げることができ、披露宴の食事も美味しく頂くことができました。結婚式翌日から再び4日間寝込み、新婚旅行には行けませんでしたが、結婚式がある意味一生の思い出になりました。
 消火器内科と外科の先生方、5階病棟の看護師さん方、そして長期休養中に頑張ってくれたリハビリの同僚スタッフには、本当に感謝しています。

投稿者:リハビリ室副主任 塙 健一