最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2011年3月30日 18:30 水曜日

私がこの病院に入職したのは、今から20年前の平成3年4月1日でした。雪がうっすらと残る春間近の風景だったことを覚えています。8時までに出勤予定でしたが、7時頃についてしまい、病院の周りを時間をつぶす為に歩き続けていたのが昨日の事の様に思いだされます。
一般の社会では当然の転勤や移動なども、幸か不幸かわかりませんが札幌病院・医事課一筋、20年を迎えました。入職当時は我が医事課も現在の半数の人数(現在約30名)で業務をこなしていましたが、何せ人手が足りず激務の毎日でありました。その為か、離職率も非常に高く、志半ばで離職をされた方々を横目で見ながら、正直羨ましい気持ちになったこともありました。では何故自分がここまで頑張ってこれたのだろうと考えると、一つだけはっきりと言える事は、年中無休24時間診療を掲げ、他にはできない医療を実践しているからであると思います。24時間診療を行うと言う事は簡単なことではありません。医師はじめ看護師、検査技師、放射線技師、薬剤師、臨床工学士、そして事務とさまざまな職種で365日当直を置き業務を行う必要があります。どんなに時代が進歩してもこれだけは徳洲会が存続する以上変わらないことなのです。すなわち人材は宝です。患者さんを大切に、そして職員を大切にしていかなければ、徳洲会が存続して行くことはできないでしょう。
現在はマスコミ等でよく耳にする医師不足が話題となってなっています。当院も例外ではなく、頭を悩ませています。医師不足の為、みなさんのご希望に添えない事もあるかと思います。今は院長を中心に一致団結し、患者さんを断らない為にはどうしたら良いか、試行錯誤し頑張っております。
当院は近隣の皆さまに支えられ、新病院が建設できるまでに成長できたと考えております。新病院に移りましても変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

投稿者:医事課長 沼田 圭介