最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2011年3月23日 09:17 水曜日

私が徳洲会グループに入職して今年で23年目になります。
平成元年8月、東区の札幌東徳洲会病院に入職し医事課、総務課に所属して、平成6年5月、白石区南郷18丁目の札幌徳洲会病院 総務課に転勤となり、平成16年12月に厚別区にある介護老人保健施設コスモス 総務課に転勤、平成19年6月豊平区に新規開設した有料老人ホーム、ケア付き住宅徳洲会に転勤、その後、平成20年10月に再度、札幌徳洲会病院 研修委員会事務として転勤となり、平成22年6月医療連携室に異動となり現在に至ります。札幌徳洲会病院には合わせて約13年間の勤務をしています。
私にとって「南郷18丁目の思い出」は一言で言うと「生命を生き長らえた場所」です。平成15年12月札幌徳洲会病院で勤務中に、意識喪失し倒れましたが、職員の方々に助けられ、心臓病がその時初めて分かり、ペースメーカーを体内に埋め込み一命をとりとめる事ができました。又、平成22年12月に札幌徳洲会病院で勤務中に同じように、医療連携室内で意識喪失、たまたま職員の方が部屋で倒れている私を発見していただき、左上腕骨骨折だけで一命をとりとめる事ができました。白石区南郷18丁目、札幌徳洲会病院に勤務していたからこそ、職員の皆様方に助けていただいたお陰で、今の自分が存在します。皆様、ありがとうございました。
それぞれの場所で色々な思い出はありますが、この南郷18丁目は、病院立地条件としては、色々な面でいちばんよい環境であると思います。交通面では、地下鉄南郷18丁目駅から徒歩5分、通院、入院、お見舞い、通勤にも便利である事。買い物面では、全道1位、全国2位の売り上げの生協ルーシーがあり
食事面では、病院近隣徒歩圏内にファミリーレストラン、ケンタッキーフライドチキン、マクドナルド、居酒屋、焼肉屋、ラーメン、カレー屋とほとんど揃っています。近隣には、金融機関、郵便局もあり、患者様、ご家族、職員にとってもあらゆる面で恵まれた、他には無い最適な環境です。
又、いちばんの重要な事は、近隣、町内会の皆様方、医療機関の皆様方の多大なる、ご協力、ご理解をいただいた事が、28年間白石区南郷18丁目に札幌徳洲会病院が存続できた理由であると思います。来年6月、厚別区大谷地東1丁目に新築移転し、地下鉄は大谷地駅が近くとなります。札幌徳洲会病院が生まれ育った地域「白石区南郷18丁目」近隣の皆様方を中心に巡回送迎バスを計画しています。新転地は、一からのスタートとなりますが、これから近隣の方々、町内会の皆様方にご理解、ご協力をいただき、他の医療機関との連携を強化していきたいと考えております。どうか今後共、よろしくお願い申し上げます。

投稿者:医療連携室係長 小山内 康晴