最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

「年始所感」

投稿日時:2011年1月4日 13:19 火曜日

あけましておめでとございます。
新年を迎え多くの方々が寺社などに初詣に行かれたと思いますが、皆さん、今年はどんなことを祈願したのでしょうか。
2011年がどうかいい年でありますように、新しい年の「目標や計画」を立てられた方も多いと思います。
年始にあたり「病院運営」のキーワードについて日ごろ考えていることを、少し述べてみたいと思います。
徳洲会グループの創始者,徳田虎雄理事長が「医療の原点は急病救急にあり」「生命だけは平等だ」の理念を喝破し、それを実践し現在に至っているのは、日本全国、海外においても周知のとおりであります。
今、「病院運営」に何が一番大切かと問われれば、「病院の理念」と応えております。院長もこの「徳洲会の理念」を基に、「病院の方針」を総医局の中央壁に次のことを掲げております。
「病院は地域のものであり、ベッドは地域のものである」さらに「質の高い医療を提供し、患者さんの健康と生活を守ることによって地域からの信頼を得る」このことは全医師ならびに他の職員も肝に銘じなければなりません。
更に大事なのは理念を具現化するには「人と活動する場である組織」であるということは言うまでもありません。従ってどこの病院でも「人材の育成」に力を注いでいることは当然でありますが、「病院が必要とする人材」は2通りあると思います。
一つは医師をはじめとする「専門職」として、病院の「縦割り組織を支える有能な人材」であり、もう一つは「縦割り組織を柔軟につないで」病院を「チーム医療」として円滑に「動かすことができる有能な人材」であります。人材育成を通じて、「病院の理念」を共有し全職員が「病院経営」に大いに「参画」し、かかわって頂くことが最も重要なことと考えております。
今年もどうぞ積極的なご意見やサポートを心より期待しています。

投稿者:事務顧問 矢野 道夫