最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2011年4月27日 08:07 水曜日

私が札幌徳洲会病院に入職したのは平成6年4月です。私が初めて札幌徳洲会病院に来たのは、同じ年の3月中旬だったと思います。当時、私は東京の学校に通っていて、入職の面接のために南郷18丁目に来ました。実家は札幌近郊ですが、南郷18丁目というより白石区に来たことはほとんど無く、地図を見ながら親の車を運転して病院に着たことを良く覚えています。
 初めて病院を見た感想は『大きな病院』って感じでした。その当時の病院はまだ新棟も無く、現在と比べるとかなり小さかったのですが…。ただ、病院前の駐車場はかなり広かったです。
 病院周辺では南郷通沿いのファミリーレストラン『とんでん』の向かいにある『なか卯』は、当時『モスバーガー』で、その向かいのマンションはレストラン『サンマルク』だったはずです。でも、病院の隣りにある生協『ルーシー』は当時と変わっていません。
 来年、札幌徳洲会病院は1駅隣りの厚別区大谷地に新築移転します。移転してから10数年経った後、『新築移転時の南郷18丁目はどんな所だったか?』と聞かれても答えが言えるように、現在の南郷18丁目周辺の状況をしっかりと頭の中に焼き付けておきたいと思います。
 新築移転まで1年と少し、これから大変な事がたくさんあると思いますが、みんなで力を合わせて頑張っていきましょう。

投稿者:放射線主任 馬場 貴之