最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2011年3月16日 14:07 水曜日

「南郷18丁目の思い出」・・・・・通称、「なんぱち」ですか。
地下鉄駅はよく利用しましたよ! 近隣の飲食店やコンビニ等もほぼ行きました!特に生協ルーシーのお惣菜コーナーが大好きでお弁当などよく買っていましたが、住居が18丁目付近ではないうえ、車通勤の私にとっては南郷通近辺を走ることは通勤時のみであり、土地自体にはあまり未練はありません・・・・。
 「病院」の思い出・・・・私が徳洲会グループに入職して今年で22年目になりますが、最初に入職したのが札幌徳洲会病院(昭和63年)でした。当時はもちろん新館や増改築部及び地下部もなく、立体駐車場もありませんでした。今では考えられませんが、車通勤者も病院敷地内に駐車しており、駐車場料金を給与から控除するようなこともなかった時代です。入職してまだ若かったせいもあり、当直時に事務所で焼き鳥をして食べたり(一階に焼き鳥のにおいが充満してかなりあせった)、当直明けで病院敷地内の片隅で車の改造をしたりと、ここに書けないようなことがまだまだたくさんあり、仕事は辛かったけど楽しいことがいっぱいありました。
その後、7年程勤務して他院に転勤となり(札幌徳洲会病院→静内病院→札幌南青洲病院→札幌徳洲会病院)、2年前にまた札幌徳洲会病院に帰ってきたのです。幸運にも大中小規模病院で勤務ができ、「医事課→資材課→医事課→総務課」と違う畑で仕事をさせて頂いたおかげで、その部署の大変さや施設によって異なる異常なストレスやプレッシャーを味わう事ができました。
さて、偉そうなことが言える立場ではございませんが、「南郷18丁目」の地域住民の方々、病院は、大谷地に新築移転してしまいます。受診はさることながら、皆様から接遇等色々なことを教えていただき学ばさせていただきました。皆様が当院に対する思いはさまざまかと思いますが、これからも、地域密着医療を忘れずに頑張っていきたいと思います。
今後は、地域の皆様と一緒に、「大谷地東1丁目の思い出」を・・・・・・

投稿者:総務課長 田中 文昭