最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

南郷18丁目の思い出

投稿日時:2011年1月26日 14:10 水曜日

はじめまして薬局の宮越です。26年前夜中に一本の電話が鳴り、「君はうちの病院でいいな。」と当時の五十川事務長からの採用試験の結果を伝える一言で札幌徳洲会病院での仕事が始まりました。札幌東徳洲会病院が開設するために募集があり応募して、てっきり札幌東徳洲会病院に就職かあるいは採用されないかのどちらかと思っていた矢先に考えてもいなかった札幌徳洲会病院での勤務に驚きと採用する人一人一人に電話している事務方のトップの姿勢とこんな時間まで働いていることに更に驚かされたのを覚えています。入職してからもいろいろな事務長と仕事を一緒にさせていただきましたが、徳洲会の事務長は、いつも朝早くから夜遅くまで仕事をしていて仕事に厳しいばかりだけでなく、気配りも忘れない方ばかりです。その中で自分にとっての一番の存在は亡くなられた白井事務長ではないかと思います。自分がどんなに遅く帰ろうとしてもいつも事務長の席に座って仕事をされている。着任早々トラブル発生で一緒に解決、困った時はいつでも相談に乗ってくれて、トラブルがあるとすぐ一緒に奔走してくれていつも助けてもらってばかりでした。最後は事務長の送別会もトラブル発生で出席できず、何の恩返しもできなかったことが心残りです。
思い出というよりこれが僕の南郷18丁目の心残りです。

投稿者:薬局長 宮越貴之