最先端24時間救急医療、外傷センター、日帰り手術の札幌徳洲会病院
札幌徳洲会病院 北海道 札幌 -最先端救急医療・新たな気持ちでここから心から

NO TITLE

投稿日時:2010年1月28日 10:10 木曜日

しばらく前に新聞の小さな記事で読んだことなのであまりはっきりと覚えていませんが、通称「省エネルギー法」という法律が改正されて、これまでは大企業のみに求められていたエネルギー使用量の削減が、今年からは、個々の規模は大きくなくても多数のチェーン店や系列病院などを抱える事業者にも求められることになったのだそうです。エネルギー使用量の削減というのは要するに電気代・燃料費など光熱費を減らすということではないかと思われます。
多数の系列病院を抱えるというと徳洲会病院も含まれるものと思われますが、新病院建設は光熱費削減に取り組む良い機会ではないかと思います。発電用の風車の立っている病院というのもおもしろいですが、騒音などの点から無理そうです。屋上に太陽光発電パネルを敷きつめるとか、発電時に出る熱を利用してお湯をつくり発電・給湯をひとつの施設で効率よく行うコジェネレイションの設備を設置するというのは、大きなマンションなどですでに行われているようです。暖房もこのお湯を各部屋に巡らせて行います。
小さなところでは、照明を蛍光灯ではなく消費電力の少ない発光ダイオード(LED)にするとか、あるいは、近いうちに実用化されるという有機エレクトロルミネッセンス(EL)の照明も消費電力が少なく、また、天井や壁全体が光るような形にもできるようです。
冷房についても、冬に積もった雪を夏まで大量に保管しておいて、その雪の低温を利用して冷房を行うという試みが確か道内の美唄辺りで行われているはずです。光熱費ではなく水道代になりますが、水洗トイレには、飲用に使えるきれいな水ではなく、貯めた雨水や病院内で再処理した水を流すというのもすでに行われているようです。
病院を建てる時点では余計にお金がかかりますが、長い目で見ると水道光熱費の減少で元を取れるかもしれません。

投稿者:検査室副主任  田辺 裕

NO TITLE

投稿日時:2010年1月21日 10:09 木曜日

徳洲会一筋14年、早いものです。年齢も今年が年男ということで体のキレがなくなり疲労もなかなか回復せず、バリバリがんばっていた昔を懐かしく思います。
さて新病院にむけて私の夢ということですが、夢ではなく望むことを書きたいと思います。
第一に望むことは、大雑把ではありますがなによりも職員が働きやすい環境になるように設計していただきたいと思います。もちろん気持ちよく働きたいという理由もありますが、職員が働きづらくなると患者さんに迷惑がかかることもおこってしまいます。そうならないためにはやはり今現在働いている職員の意見が最重要になり、その意見をふまえた上で新病院の設計をし、働き甲斐のある病院にしていただきたいと思います。
職員に優しい・働きやすい病院は必然と患者に優しい・通いやすい病院になると思っています。
次に望むことは、業務外でのことにもきちんとした対応をしていただきたいです。その一例として職員の子供に対する保育所の充実です。今現在病院の保育所が常に定員オーバーなため保育士さんも大変でしょうし、子供に対しても環境は良くはないと思います。新病院になれば職員も増えることも考えられると思いますので、保育所の充実化は是非行ってほしいものです。
院内・院外ともに患者さんだけではなく、職員にも優しい病院になってくれればいいと願っています。

投稿者:放射線副主任  藤川 大作

NO TITLE

投稿日時:2010年1月14日 10:09 木曜日

 「新病院」という言葉は、入職した頃からいつか建つと何度も聞いていた言葉だと思います。振り返ってみると入職時、管理栄養士は4名、栄養指導室は外来から離れた場所にありました。その後、病院が増改築をし、栄養指導室も今の場所に移動しました。その後私自身数か所の施設・病院で経験を積み、昨年4月札幌病院に戻ってきましたが、栄養管理室は管理栄養士8名、栄養士2名になっていました。ずっと札幌病院で働いていたわけではないのですが、12年も働いているとこんなにこの病院も変わっていっているんだなと思いました。
さて本題の「新病院に向けた私の夢」ですが、やはり新しい厨房に期待しています。なんせこの病院ができてからずっと変わらず使っているところなので、今はあちこち故障して修理しながら使っている機具がほとんどです。厨房機器はこのような機会がないと、なかなか新しいものに変わることはないので、やはりおいしい食事を提供する為にもこの新しい厨房は期待しています。あと子供が生まれて初めてその重要性に気付いたのが、授乳室とトイレのおむつ替えスペースと子供と一緒に入れるきれいなトイレです。意外と母と子の二人で出掛けた時には、こういったスペースが結構重要です。病院は診察・会計・薬をもらうまで数時間はいる場所です。お年寄りだけではなくこのような人にも優しい病院であってほしいと思います。

投稿者:栄養管理室主任  澤田 千恵

NO TITLE

投稿日時:2010年1月7日 10:08 木曜日

私の新病院に対する夢とは、“ぐあいがわるくなったから病院に行こう”というよりも普段から、“病気の予防のために病院に行ってみようかな”と思って来院していただけるような病院作りが私の理想であります。高齢化が進んできた今日に於いて。日常の積み重ねが要因と考えられる生活習慣病も多くあるからです。
地域医療室としては、医療講演を通して地域の皆様と病院を結ぶ役割を果たせているものと、自負しているところではあります。
さてこの度、病院が新しく大きくなるのを機に望むこととしては、院内で定期的に医療講演会を開催できるスペースがあれば良いと考えます。その際の医療講演会の様子をビデオに撮影して、更にDVDに焼いておきます。そのDVDを利用して、液晶モニターを使って、患者様がいつでも希望されるときに医療講演を見てもらえる様な部屋が出来ればいいと思います。診療待ちの患者様にも利用していただくことも可能になるのではないでしょうか。

投稿者:地域医療室副主任  宝泉 進